服が捨てられない、もったいない!
断捨離した冬服

 
この服を捨てようかな?なんて、手に取った後、「いつか着るかもしれない」「まだ着れそう」なんて思ってしまうと

もったいないと思う気持ちが捨てたいと思う気持ちを上回って、捨てられなくなってしまいますよね。
 
いざ捨てようと思っても、なかなか洋服の断捨離は難しいです・・・。
 
でも不思議なんですよ。
 
 
クローゼットをのぞいて
「着る服がない。去年は何を着ていたっけ?着る服がないから、ヨシ!洋服を買わなくちゃ~!!」と、また買っちゃうんです。
 
そんな経験ありますよね!?
 
めちゃめちゃ矛盾している・・・という事実に気が付いてからも、捨てる気持ちになれないという日々を3年ほど過ごしていたのですが、やっと洋服を断捨離できるようになりました!!
 
 
そこで今回の記事では、今まで服が捨てられない。もったいないと思っていた私が、
何をきっかけにして洋服を捨てれるようになったのか?断捨離する気持ちになった心理的なことについて書いていきます。
 

スポンサーリンク

 

服が捨てられない、もったいない!洋服の断捨離ができないあなたへ

服が捨てられない理由は、ざっくり分けると「まだ着れる」「いつか着るから」「思い出があるから」
 
だから、もったいなくて捨てれないんですよね。
 
私はここ1年くらい断捨離の生活をしてきて分かったんですけど、「捨てたいけど、捨てれない」と思っている服や物というのは、本心は捨てたいんですよ。
 
すでに自分にとって「なくても困らない物」なんです。
 
なぜかというと、本当に残しておきたいものなら「捨てたいけど、捨てれない」なんて思わないです。
 
まだ着れるし、将来着るかもしれないし、思い出が詰まったものだから捨てれない。
 
 

本心としては捨てたい。
けど自分の中でなにかしらの理由があって捨てれないから悩んでいるんです。
 
 

そもそも服を断捨離する目的は、
着たい服だけになったら「今日はどの服を着ようかな~☆」って、朝からワクワク。ご機嫌な一日がスタートさせることだと思うんですよ。
 
そのために、着たいと思わない服をクローゼットから出して、着たい服だけ、必要な服だけにしていくんです~。

 
 
朝からワクワクしてご機嫌な一日がスタートさせることを目標にして!
 
 
「着れる服」「いつか着るかもしれない服」「思い出があって捨てれない服」に分類された服をどうやって捨てる気持ちになっていったのかをお話ししていきます☆

まだ着れる服だから捨てるのはもったいない

まだ着れるから捨てれないとかんじた服を手にとって「好きな人の前で着たいと思う服?」と自分に聞いてみてください。
 
きっと洋服には申し訳ないけど「着たいとは思わない・・・」というこたえが返ってきます。
 
ということは、あなたの気持ちはその洋服から離れてしまっているんですよ。
 
着たい服ではないけど、まだ着れる服だから、もったいないと思って、捨てれないんです。
 
でもです・・・。
その洋服を見るたびに「着てあげなくてごめんね」なんて思ってしまってますよね?
 
あなたの中で、ちっちゃなストレスが生まれてますよね?
 
服にしてもですよ。
服はもちろんしゃべれないから、文句なんて言わないけれど、もしお話しができるとしたら
 
「今日も着てくれないの?なんのためにココにぶら下がっていなくちゃいけないの?」
 
「なんであの服ばかり着て、私のことは着てくれないの?いつ着てくれるの」なんて、不満に思っていると思うんですよね・・・。
 
 
着ない服をとっておくということは、人も服も、どちらも不幸なんですよ
 
 
私は何年もクローゼットにしまいこんでおくのは、かわいそう。
 
服の価値が高いうちに、他の人に着てもらったほうがいい。
 
と思えたので、手放す気持ちになれました。
 
 
「好きな人の前で着たいと思う服かどうか?」以外にも、洋服を捨てる基準を持っておくと、さらに捨てやすくなりますよ!
 

いつか着るかもしれない洋服だから断捨離できない

いつか着るかもしれないから、捨てられないという服は、たぶん一生着る機会はないです。
 
一生なんて大袈裟ですよね。
 
私。ためしに1年経っても着なかった服をず~っと放置しておいて、10年くらい残しておいた服があるんですけど、着なかったんですよ。
 
結局1年経ち、2年経ち、3年経ちってかんじでドンドン着ない服は捨てちゃいました。
 
もっと早く手放してあげたら、他の人に着てもらえたかもしれないって、あとからどれだけ後悔したことか・・・。
 
なぜもっと早く手放してあげたらよかったと思ったかと言うと、洋服にはトレンドがあるんですよ。
 
デザインも色も。
 
だから古い服だと、どうしても時代をかんじてしまうんですよね。
 
つまり、とっておけばとっておくほど着てくれる人がいなくなるんです。
 
あと何年かしたら、このデザインがまた流行になるかもしれないと思ってとっておいても、年齢と共に好みが変わることもあるし、体系も変わるんですよね・・・。
 
同じ体系をキープで着てれば、着れないこともないだろうけど、その服がその時の「着たい服」かどうかは、分からないでしょう?
 
それならその時に着たいと思う服を買って、着たほうがいい。
 
いつか痩せて着れるかもしれないけど、それなら今痩せて着ればいい。
 
痩せてまで着たいと思う服じゃないなら、今すぐ着てもらえた人に譲ったほうがいいと思ったんですよね。
 
いつか着るかもしれないと思った服を手放して、後悔したことは一度もないです。
 
それならいつ手放すかというと、今、です

 

スポンサーリンク

思い出がある服だから捨てれない

ウェディングドレスや成人式で着た振袖。
 
友達の披露宴用に買ったワンピース
 
亡くなったおばあちゃんに買ってもらった礼服などなど・・・。
 
思い出が詰まってて、しかもお高級なものは、なんとなくとっておこうかな~。なんて思って残していました。
 
でも「着る?」と聞かれると、「私が着ることはない」んですよね。
 
じゃぁ、なんでとっておこうと思うのかというと愛着というか、執着しているから。
 
「高かったから」「せっかく買ってもらったから」なんていう理由をつけて、残しておかなくちゃいけないと思い込んでいたというか、思い込ませていたというか。
 
いつまでも捨てずに残しておくと「大切にしている」ような気持ちになるけど、

服にしてみたら着てもらっていることのほうが、大切にしてもらっているてことだと、気づけたこと。
 
実際に手放してみて
思い出の服を捨てても思い出は消えないと分かったこと。
 
この2つが分かってから、思い出の服であっても手放すことができるようになりました。

もったいなくて捨てられない洋服はこうやって断捨離しました!

着れるものをゴミ袋に詰めるのは忍びないけれど

  • ヤフーオークションやアプリで売る
  • フリーマーケットで売る
  • 買取してくれるお店に持っていく
  • 買取サイトを利用する

といった方法で売ることができます。
 
高値で売りたいならヤフーオークションやアプリで自分で売るのがおすすめ。
 
そのかわり、落札者さんとのやりとりや発送などの準備をしなくちゃいけないという手間がかかります。
 
一番手っ取り早いのは、買取サイトを利用する方法。
 
ダンボールに詰めるだけなので、簡単。お値段交渉などはできないので、安値で買い取られる可能性はあるけど、時間がない方におすすめです。
 
どれもこれも一長一短で、人それぞれ向き不向きがあるので、「やってみようかな」と思うものは、やってみて一番しっくりくる方法が良いと思います。
 
ちなみに私は、ヤフーオークションで売っていましたが、今はフリマをやっている友達にお譲りしています。
 
収入は全部友達のもの。私は一切もらっていません。
 
ヤフーオークションで売れば、私の収入になるけれど・・・、めんどうで手間がかかるから、結局やらなくなっちゃったんですよ。
 
私の目的はクローゼットから着ない服を出して、毎日着たいと思う服が並んでいるクローゼットを見てご機嫌な気持ちになること。
 
服を着たいと思ってくれる人に着てもらったほうが、私は嬉しいし、服にしても本望。
 
自分でフリマで売ろうとも思わないので、友達にお願いしてフリマで売ってもらえれば、友達の収入になるし、服は着たいと思ってもらえる人の元へ行けるし、私も洋服を減らすことができる。
 
現時点で「いいことだらけだな~」と、思っています。
 
でもなかには、これは売り物にはならないな・・・というようなシミや汚れ、毛玉がついている服や、あきらかに流行を去ってしまっている服で、捨てにくいものがあります。
 
そういった捨てずらい服は、とりあえずゴミ袋に入れて置いておくと良いですよ。
 
捨てずにしばらく置いておくことがポイントです!
 
たいてい、しばらく置いておいても、困ることがないんですよ。
 
「なくても困らない。なくても平気。捨てても大丈夫」と自分で納得できるので、ゴミ袋を縛って、ゴミの日に出しに行こうかなという気になれます。
 

まとめ

今回は、洋服が断捨離できないあなたへ。
 
「服が捨てられない。もったいない」と思っていた私が、何をきっかけにして捨てれるようになったのか?捨てる気持ちになったのか、とうことを中心に書いていきました~!
 
色々書きましたが、特にあなたにお伝えしたいことはこちらです。
 

  • 捨てる基準を決めておくと捨てやすい
  • しまいこんである服は「大切」にしているというのは勘違い
  • 着ないほうが服に対して失礼でもったいない
  • 着ない服をとっておくということは、人も服も、どちらも不幸
  • 迷った服はとりあえず「ゴミ袋」に入れておくと捨てる気持ちになれる
  • いつか着るかもしれないと思った服を手放して、後悔したことは一度もない
  • 洋服にはトレンドがある
  • 年齢と共に好みが変わることもあるし、体系も変わるからとっておいても着ない
  • 思い出の服を捨てても思い出は消えない

 
まずは「どうしたらこの家から服を減らせるかな~」ということを最優先して考えてみてください~。
 
その上で、手間をかけてでも高値で売りたいなら、ヤフオクかアプリ。
 
そこまではちょっと面倒なだ~と思ったら、買取サイトを利用するか買取専門のお店へ持っていく。
 
お金は要らない。とにかく服を減らしたいという方は、私のようにフリマをやっているお友達にお任せするのが、一番楽だと思います。
 
 
ただ、どれがあなたにとって一番良い方法なのかというのは、あなたにしか分からないことだし、スグに答えがでるものでもないです。
 
 
実際に服と向き合って、色々と試してみると、しっくりする捨て方が絞り込まれてきますので、根気よくやっていきましょう~!!
 
 

 
 

スポンサーリンク

 


 
関連記事とスポンサーリンク