洗面所の断捨離!洗面台の下を断捨離しました。
スポンサーリンク

我が家は7人家族と大家族なので、洗面所は1階と2階それぞれにあります。

で、1階の洗面所の洗面台の下が、だいぶごちゃついてきたので、断捨離しました!

そこで今回の記事では、

  • 洗面台の下にどれだけの量を溜め込んでいたのか
  • 断捨離して手放すことにしたもの
  • 断捨離して残すと決めたもの
  • どうやって断捨離していったのか

をご紹介します(*´∇`*)

スポンサーリンク

洗面所の断捨離(洗面台の下)

洗面所の下の収納

1階の洗面台は、友達が来たときに手を洗ったりするので、我が家は隠す収納を採用しています。

なぜかというと、洗濯洗剤やシャンプーなどのボトルを統一させていないので、魅せる収納にすると、どうしてもごちゃごちゃしちゃうんですよ。

すっきりさせることが難しいのです!

隠す収納にしてしまえば、一見きれいに片付いているように見えるので、魅せる収納ではなく、隠す収納にしています。

なので、ぱっと見て、断捨離前と断捨離後で、違いはありません・・・。すみません。

断捨離前の写真(2019年8月)

洗面台の下の断捨離(前)

いちばん上の棚に、セリアのカトレケース4つを前後左右に並べて配置して、右側にヘルスメーターを置いています。

真ん中の段に、ダイソーのストレージバッグ(ビックサイズ)2つを横に配置。

いちばん下の段に、ダイソーのストレージバッグ(Mサイズ)5つ、前後左右に並べて配置しています。

断捨離する前は、これだけの量を詰め込んでいました。

断捨離前

断捨離後の写真(2019年8月)

洗面台の下の断捨離(後)

ぱっと見た目は、変わりません。

が、いちばん上の棚に、カトレケース4つを並べていましたが、3つになりました!

また、いちばん下の段のMサイズストレージバッグが5つから、4つになりました!

1つずつ減っています。

ちなみに、真ん中の棚は、変更ありません。

今回、残すと決めたモノは、これだけ。

断捨離した後

手放すときめたモノは、これだけです。

断捨離して手放すモノ

汚れていたり、ほつれているモノは、廃品回収に出して処分。

あまり使っていなくて、誰かに使ってもらえそうなモノは、フリマに出品することにします。

スポンサーリンク

洗面所の断捨離のやり方

私は毎回、つぎのように断捨離しています☆

◆ 洗面所の断捨離
  1. 全部モノを出す
  2. 用途別に分類する
  3. 「要る」「要らない」を見極める
  4. 要るモノを収納する
  5. 要らないモノを手放す

全部モノを出す

洗面台から全部出す

まずはじめにすることは、断捨離したい場所のモノを全部出す、ことです。

全部出して、床に並べます。

出したついでに、棚もきれいに拭いておきましょう~!

カテゴリ別にまとめる

我が家の洗面台の下には、つぎのようなモノを収納しています。

  • お風呂で使うモノ
  • 洗面所で使うモノ
  • お洗濯で使うモノ
  • 洗面所以外で使うモノ
  • ヘルスメーター
お風呂で使うモノ

シャンプー・リンス・トリートメント、お風呂掃除の洗剤、ブラシ

洗面所で使うモノ

タオル、バスマット、雑巾

お洗濯で使うモノ

洗濯洗剤、洗濯ばさみ、洗濯ネット

洗面所以外で使うモノ

タオル、キッチンマット、ハンカチ、ハンドタオル、雑巾、布巾、台ふき

管理人ななお管理人ななお

これをカテゴリ別に分けて分類していきます。

カテゴリ別に分類

ハンカチ

家族全員分のハンカチ

ハンドタオル

家族全員分のハンドタオル

ボトル類

シャンプー・リンス・トリートメント・洗濯洗剤・お風呂用掃除の洗剤

マット類

マット、バスタオル

プラスチック類

洗濯ばさみ・ブラシ・洗濯ネット

タオル

手ふきタオル

雑巾・布巾

雑巾、布巾、台ふき

管理人ななお管理人ななお

取り出しやすく、使いやすいようにカテゴライズしましょう~!

「要る」「要らない」を見極める

カテゴリ別に分けたら、カテゴリ別に、それぞれ比較して「要る」「要らない」を決めていきます。

決めるときは、自分に色々な質問を投げかけてみるといいですよ。

例えば・・・

使っているか、使っていないか。

使いたいか、使いたくないか。

必要か、不要か。

あると、便利か、便利じゃないか。

捨てたら、困るか、困らないか。

捨てたら、また買いたくなるほど、好きか、嫌いか。

似ているような質問ですが、ちょっとずつニュアンスが違いますよね。

モノの量が多いときには、この中から厳選して5つだけを選んでそれ以外を手放す!というのも効果的です☆

要るモノを収納する

厳選してモノを選んだら、取り出しやすい場所に配置していきます。

要らないモノを手放す

要らないと判断したものは、どうしたら手放せるかを考えて手放していきます。

たとえば私は、劣化しているモノは、あっさりゴミとして処分できます。

でも、使えるモノをゴミとして処分するのは、心苦しいので、ゴミとして処分するくらいなら、劣化するまで使い倒そうと思ってしまう性格です。

でも、劣化するまで使いたいかというと、そうではないんです。

本心としては、手放したい!けど、もったいないと思ってしまうので、捨てることはできないのです・・・。

でも!
使えるモノ(使えそうなモノ)を捨てることはできないけど、誰かもらってくださる方がいたら、喜んでお譲りできるので、フリマをやっている友達に託すことにしています。

もちろん、売れてもお金はもらいません☆

手放し方は、どんな方法でもOK。

はじめのうちは、家の中のモノが減れば良いと思います。(*´∇`*)

洗面台の下を断捨離した感想

我が家の場合、洗面台の下には、タオル・ハンカチ・布巾、雑巾といった布類が、必要以上に多かったです。

特に気になったのは、使っていない新品のハンドタオルが多かったことです。

新しいだけあって、ふかふか。
使い心地が良さそうなので、ときめきました☆

そういったモノを使っていないのは、もったいないことなので、早速使おうと思います。

また、ハンカチやハンドタオルって、長男用、長女用、次男用というかんじで、●●専用のハンカチやハンドタオルと、なってしまいがち。

だから、どうしても溜まってしまうし、わたしのモノではないので、捨てづらいんですよね。

共有物としてしまいたいけど、難しいので、量が増えても仕方がないと諦めました。

また、台ふきにはときめきを感じませんでした・・・。
汚れてるし、破れてる。
そもそも台拭き用のタオルでもないキャラクター商品で、統一感もないし・・・。

使えるから使っていた。

また、使っているモノだから、処分したら困るかな?と思って、使っていましたが、結果、ないならないなりに何とかなっているので、処分して正解でした!

ちなみに、2017年11月当時の洗面台の下は、こんなかんじ。

洗面所に使っているダイソーのストレージボックス

ドラム式の洗濯機が壊れてしまったので、買い替えたくらいで、あまり変化はありません。

でも!
カトレケースとストレージバッグの数は減ってるし、中の量も少しずつだけど、確実に減っています~!

それは、この洗剤は、絶対使いたい、とか。

この洗剤はなくても、他の洗剤で代用できるな、とか。

この柔軟剤が好き!など、断捨離することで、自分の好きなモノが少しずつ分かってきたからです。

そう思うと、やってきた甲斐があったな~と。

自分の好きが集まった空間ができはじめているな~なんて、嬉しいです。

ぜひあなたも、洗面所の断捨離、やってみてください!

まとめ

今回の記事では、洗面所の断捨離のやり方と断捨離した感想をお伝えしました!

◆ 洗面所の断捨離
  1. 全部モノを出す
  2. 用途別に分類する
  3. 「要る」「要らない」を見極める
  4. 要るモノを収納する
  5. 要らないモノを手放す

 
洗面所は、お風呂掃除の道具とか、タオルなど、実用的なモノが多いので、ときめくか、ときめかないか、で判断するのは、難しいかもしれません。

でも、あると助かる?ないと困る?
などと質問していくと、必要としているか、必要としていないかがみえてきます。

すると、「好き」だから、毎回これを買っていたんだ!
なんていう風に、思えてきます~。

そういう好きモノばかりに囲まれたら、幸せですよ(*´∇`*)
 
 

 
 

スポンサーリンク