【断捨離の方法】正しい順番と捨て方!失敗しない7つのポイント
スポンサーリンク

テーブルの上やリビングに散らかっているリモコンや雑誌、おもちゃ。

掃除をした時に片付けたと思っても、スグに散らかってるテーブルやリビングをみて、イラっとしたことありませんか?

我が家は7人家族。片づけているのは、ほとんど主婦である私(ななお)だけ。

「ウソでしょ!?さっき片付けたとばっかりなのに!」
「なんで!?やってもやってもキリがないのよ!片付けた意味ないじゃん・・・(ノд・。)」

なんて、しょっちゅう思っていました。

「毎日同じことの繰り返しで、つまらない・・・。」
「なんでいっつも同じことでイライラして怒ってるんだろう」
「なんでテーブル1つキレイにできないんだろう」

と、片付けられない自分が情けなくて・・・イヤになったり。

そんな私でも、テーブルの上に何も乗ってない状態をキープできるようになりました~!

それは、やましたひでこさんの断捨離塾に入って、断捨離を本格的にお勉強し始めてからです。
断捨離をすると

  • モノが減るので、探し物がすぐに見つかるようになります。
  • 家の中がすっきりするので、突然の来客に慌てなくなります~!
  • 我が家がホテルのようにくつろげる空間になります!

あなたの理想とする暮らしが現実に。夢ではないのです~!

とはいえ、断捨離の方法や順番を間違えて、停滞。
モノが減るどころか、逆に増えてリバウンドしている方が多いことも事実。

そこで、断捨離の順番と捨て方と、失敗しないポイントもあわせてお伝えします。

物を減らして、片づけに明け暮れる生活から脱出しましょう(*´∇`*)

スッキリを実現するために必要な断捨離の順番は、以下の3ステップです。

断捨離の正しい方法3ステップ

  1. ゴミを捨てる(外に出す)

    家の中には、無意識に溜め込んだゴミが沢山あります。
    ゴミを捨て切って、物を一気に減らしておくことで、断捨離の作業がスムーズです。

  2. 断捨離する

    場所単位で1つ1つの物と向き合い、捨てていきます。
    狭い場所から始めると失敗しません~!

  3. 繰り返す

    断捨離は1度やったら、終わりではありません。
    同じ場所を何度も繰り返し、完璧にできるようになったら、新しい場所に挑戦します。

スポンサーリンク

断捨離は「物を捨てまくること」だけではない

やましたひでこさんの断捨離の本

私は、断捨離塾に入るまで「断捨離」=「物を捨てまくること」だと思っていましたが、間違っていました。

確かに、断捨離をしていると結果的に「物を捨てまくること」になります。

でも、なんでもかんでも捨てているワケでないんです。

もし、容赦なく捨てることができたら、部屋の中はスッキリ!!!部屋がスッキリすれば、きっと気持ちもスッキリするでしょう。

でも何も考えずに全部捨てたら、生活に困るので、買い直すはめになり、経済的にムダ。

大切にしていた思い出まで捨ててしまうことになるので、後悔するのは目に見えていますよね。

「断捨離してよかった」と思っている人が、どんな物を捨てているのかというと、自分にとって不要な物だけを捨てています。

自分にとって必要な物は捨てず、残しているから後悔もしないのです。

「そんなことは当たり前でしょ?」と言われそうですが、実は家の中には、不要な物がたっくさんあるんですよ。

わたしの経験上
必要な物は2割不要な物は8割です。

物に埋もれた生活をしていると、自分にとって必要な物と不要な物の判断ができなくなってしまっているので、不要な物だと気づかずに溜め込んでしまっているんです。

自分にとって必要な物は全体の2割だけ。

2割残せば生活できるので、断捨離をしている人(通称:ダンシャリアン)は、8割の物を捨てていることになります。

家の中にある物のうち8割を減らすことができたら、そりゃスッキリしますよね(*´∇`*)

では!
どうやって残す物と手放す物を見極めているかというと、例えば、クローゼットに並んでいる服。

着ている服はいつも同じで、着ていない服が沢山あったりしませんか?

食器棚に並んでいる食器も、日常的に使っている食器は、ほんの一部だったりしますよね。

着ていない服や使っていない食器って、本当に必要でしょうか?

このように断捨離では、1つ1つ手にとって「本当に要るかな?要らないかな?」「いつ着る?いつ使う?」と物を通じて自分の心と対話しながら、本当に必要物だけを残し、不要だと判断した物は、潔く手放していきます。

するとほとんどの物が不要な物だと気づく瞬間が訪れるのです!

だから、結果的に捨てまくるという行為になるんです。

でも、です。

断捨離は、不要な物を捨てまくると同時に、自分好みのお気に入りの物だけに厳選しているということでもあるんです!

ちょっと想像してみてください。

お気に入りの服屋さんに入ったら、ちょっとテンション上がりますよね!

その服に似合うように、おしゃれしたり、メイクしなくちゃ~ってワクワク。

そのお気に入りのお店の空間が、我が家のクローゼットで再現できたら最高じゃないですか?

毎日にんまりしながらクローゼットを開けて、服を選ぶことが楽しくなりますよね(*´∇`*)

服

それが、断捨離で可能なんです。
だから「断捨離してよかった」と、思えるのです。

1.断捨離で失敗しないために、ゴミを捨てる

管理人ななお管理人ななお

ゴミを外に出すことがカギ


断捨離は、1つ1つの物を手に取り、本当に自分にとって必要な物なのか?

物を通じて自分の心と対話しながら、本当に必要物だけを残し、不要だと判断した物は、潔く手放していく作業です。

といっても、ゴミと1つ1つ向き合っていたら、終わりがありません。

まずゴミを外に出して、家の中をスッキリさせることから始めましょう~!

ちょっと家の中を見渡してみてください。つぎのようなゴミを溜め込んでいませんか?

ゴミなのに家の中に溜め込みやすい物

  • 読み終わった新聞紙
  • ペットボトル、空き缶、空き瓶
  • 財布の中のレシート
  • 折れた傘
  • 使い終わった電池、電球
  • 割れたりヒビが入った茶碗
  • 賞味期限切れの食品、調味料、お菓子
  • 壊れた家電

家の中で見つけたら、ゴミとして処分しましょう。

(ここに含まれていなくても、あなたがゴミだとかんじた物は、捨ててくださいね!)

家の外に出すと、必然的に物が減りますよね?
すると部屋が広くなり、スッキリと感じるはずです(*´∇`*)

この物が減ったらスッキリするという体験は気持ちがいいので、病み付きになります。

ゴミを見つけたら、捨てずにいられなくなっちゃうし、ゴミを見つけて捨てることが楽しくなります。

ちなみに順番を間違えて、1つ1つの物と向き合うことからはじめてしまうと、時間がかかるので、なかなか物を減らすことができません。

また、はじめから「物の必要・不要」を正確に見極めることは難しいので、本当は必要なのに不要だと判断して、捨ててしまうことがあります。

必要な物を捨ててしまうと、後悔しますよね?

モチベーションが下がり、断捨離が停滞してしまいます。

なので、1つ1つの物と向き合う前に、家の中にあるゴミを全部出し切ることが先なのです。

失敗しない断捨離のポイント

  • 汚部屋から脱出するためには、家の中からゴミを出し切ることがポイント

    その為に以下のことを意識して捨てましょう。

    1. 1つ1つの物と向き合うのは後回し!
    2. 捨てても後悔しないゴミから着手する
    3. ゴミは溜めるのではなく、家の外に出す

    汚部屋にはゴミが沢山埋もれているので、ゴミを家から出し切るだけでスッキリします。

管理人ななお管理人ななお

ゴミがなくなったら、いよいよ物を見極める断捨離のスタートです。

2.断捨離の方法と順番!物を減らしてスッキリしたい主婦のあなたへ

スポンサーリンク

2-1.断捨離を始める場所は、狭い場所から!

管理人ななお管理人ななお

初心者は、お財布、冷蔵庫から始めるべし!

断捨離

断捨離を始めるときは、狭い場所(物)から始めるのがおすすめです。

なぜかというと、「必要な物」「不要な物」を仕分けると口で言うのは簡単ですが、手放すと決めることになるので、とても辛い作業なのです

すぐに「捨てる」と判断できる物もありますが、当然迷う物もあります。

1つ1つの物と向き合うには時間がかかるのです。

なので始めは長くても15分程度で終わる場所から始めましょう!

15分以上かかると、面倒で大変だと思ってしまうので、「簡単にできた!」とかんじるくらいが、ちょうどいいです(*´∇`*)

狭い場所でも「ここもできた!」「ここもできた!」と増やしていけば、あなた好みの空間が広がっていきます(*´∇`*)

おすすめ1 お財布

断捨離初心者さんがはじめる物として、一番おすすめなのは財布です。

長お財布

お財布は小さい物なので、15分もかかりませんし、お財布は持ち運びますよね?

家でも外出先でも、思い立った時に断捨離できるからです。

さらにレシートを捨てる前に、家計簿をつけると習慣をつけると、どこで浪費してしまっているのか分かるようになるので、節約もできます(*´∇`*)

おすすめ2 冷蔵庫

つぎにおすすめなのは、冷蔵庫です。

我が家の冷蔵庫

冷蔵庫、まるまる1つを断捨離するのは大変ですが、冷蔵庫は冷蔵室、野菜室、冷凍室と仕切られて分かれていますよね?

分けて断捨離すれば、15分もあれば十分です。

また「不要な物=賞味期限が切れた物」と考えれば、捨てやすいのでおすすめ。

食べ物を捨てると、申し訳ない気持ちになるので、必要以上に買いだめすることもなくなっていきます

 
 

失敗しない断捨離のポイント
  • 断捨離初心者さんは、狭い場所から始めましょう!

    断捨離は「残す」「手放す」を決める作業。手放すことを決めるのは、辛い作業で時間がかかります。
    辛い作業だと感じないために、つぎの3つを意識してみてください。

    1. 長くても15分で終わる場所(物)から始める
    2. おすすめは、財布と冷蔵庫
    3. 「ここができた!」「ここもできた!」と完璧な場所を増やしていく

    断捨離の時間は短くてOK!狭い場所でOK!
    完璧な場所が増えていけば、あなた好みの空間が広がっていきます(*´∇`*)

2-2.断捨離の具体的な順番4ステップ

断捨離する場所を決めたら、つぎの順番で進めていきます。

  1. 全部の物を出す
  2. 仕分ける
  3. 元に戻す
  4. 手放す

①全部の物を出す

まず、断捨離する場所(もの)が決まったら、入っている物を全部出しましょう!

財布を断捨離するなら、財布の中に入っているお金、レシート、ポイントカードなどを全部出して、お財布を空っぽにします。

断捨離する前の長財布

財布の中身を全部出す

冷蔵庫の野菜室を断捨離するなら、野菜室の中の物を全部出して空っぽにします。

すかすかの冷蔵庫

不要だと思う物だけを取り出す、というのは、NGです~!

やらないよりはいいですが、全部出すのが鉄則です。

なぜなら「これだけの大量の物が中に入っていた!」という現状を認識することが大切だからです。

実際に全部出してみると、想像をはるかに超える物が、詰め込まれています。

物を減らすためには、全部出すことが、いちばん手っ取り早いですよ。

失敗しない断捨離のポイント
  • 断捨離する場所を決めたら、その中の物を全て出しましょう
    • 現状を認識する為に、全部出す
    • 不要な物だけ出すのは、効率が悪い

②仕分ける

全部出したら、「残す物」と「手放す物」に仕分けしていきましょう。

お財布なら、とても分かりやすいです。

仕分ける

お金は、残してお財布に戻す。
お金以外の物は、手放すですね。

(※クレジットカードや必要なポイントカードなら、捨てる必要はありません。しかるべき場所で保管します。)

もし「残すか?手放すか?」に迷ったら、断捨離の基準に当てはめて考えてみてください。

断捨離の物を手放す基準は、今の自分にとって「要・適・快」の物は残し、「不要・不適・不快」な物を手放すです。

断捨離で失敗しないためには、「要・適・快」を見極めることが重要なポイントなので、詳しく説明していきますね。
 

「要」は、今のあなたにとってなくてはならない必要な物、大切な物です。

簡単に言ってしまえば、現在進行形で使っている物は「要」なので、残す。

使っていない物は「不要」なので、手放すします。

 

「適」は、あなたに適している物、ふさわしい物です。

例えば、粗品でもらった新品のマグカップ。新品なので捨てるのはもったいないですよね?

でも粗品というのは、本来「粗末な物」という意味です。

「粗末な品は、あなたにふさわしいですか?」

いくら使える物であっても「わたしにふさわしくない!」と思ったら、「不適」です。手放しましょう。

 

「快」は、あなたにとって、心地よい物、テンションが上がる物、なんとなく好きな物です。

例えば、試着した時は気に入って買ったけど、家で着てみたらなんとなく、しっくりこない服。

履いていたら、毛玉だらけになってしまった靴下、ありますよね?

買った瞬間はときめいたものでも、時間の経過とともに不快な気持ちになってしまうことは、どうしようもないことです。

今の自分が心地よいと思えず、嫌な気分になってしまうものは「不快」。手放しましょう。

 
 

失敗しない断捨離のポイント
  • 今のあなたにとって、「要・適・快」→ 残す。
    「不要・不適・不快」→ 手放す。
    • 要:今のあなたにとってなくてはならない必要な物、大切な物
    • 適:あなたに適している物、ふさわしい物
    • 快:あなたにとって、心地よい物、テンションが上がる物

③元に戻す

「要・適・快」とかんじた物は、元の場所に戻しましょう~!

今のあなたにとって「要・適・快」な物だけに厳選して絞り込むことができていたら、かなりスッキリしているはずです(*´∇`*)

◆ 断捨離前の財布
断捨離する前の長財布

◆ 断捨離後の財布
断捨離後の長財布

お金だけになって、スッキリしました!

管理人ななお管理人ななお

1日の終わりには「財布の中身はお金だけ」になるように断捨離しています。

④手放す

手放すと決めたものは、下の3つの中から「どの方法を選べば楽に手放せるだろう?」と考えてみてください。

◆手放す方法

  • ゴミ・ガラクタは捨てる
  • 売る
  • 譲る

 
ゴミやカラクタだとかんじたら、迷わず捨てれますよね。

でも使える物は、自分には必要がない物だと分かっていても、捨てられないと思ってしまうものです。

「物に対して、申し訳なくて捨てられない」
「いつか使うかもしれないから捨てられない」
「売ったら高く売れるかもしれないから、捨てられない」
「高かったから、もったいなくて捨てられない」

捨てられない理由はさまざまです。
でも、捨てられないからといって、捨てずにいると、物は増えるばかり。

だって、買い物せずにはいられないでしょう?

ゴミとして処分することができないなら

  • 売れそうな物は「売る」
  • もらってもらえる人がいたら「譲る」

あなたにとって楽な方法で手放しましょう(*´∇`*)

売る方法としては

  • リサイクルショップのお店に持ち込む
  • メルカリやヤフオクを利用する
  • 宅配買取サービスを利用する

などの方法がありますが、私が一番おすすめなのは宅配買取サービスです。

宅配買取であれば「売りたい物をダンボールに詰めて送るだけ」で査定してもらえて、指定した口座に入金してもらえるます(*´∇`*)

自宅まで取りに来てもらえるので、重い荷物を運ぶ必要もなく楽チン。

捨てようと思っていた本・DVD・CDを、捨てる前に査定してもらったら、4,793円になりました!

即効手放したのは言うまでもありません。

リコマースの合計査定金額

売ろうと思ったら、宅配買取サービスを検討してみてください。

本をリコマースで買取してもらった体験談
リコマースの口コミ!買取価格を公開します☆

 
 

失敗しない断捨離のポイント
  • 捨てられない物は、「譲る」「売る」ことを考える
    • わたしのおすすめは、宅配買取サービス
    • 宅配買取サービスなら、荷物を運ぶ手間なく、大量の物を簡単に売ることができる
    • 色々試して、いちばん楽な手放し方を見つけると断捨離が加速する

家の中から、物を減らすことができたら合格です。捨てることにこだわる必要はありません。

3.断捨離は停滞・リバウンドしないために「繰り返す」

停滞・リバウンドしないためにやること、それはずばり。

徹底的に同じ場所を何度も繰り返すです。

断捨離は、1回やったら、終わりというものではありません。

例えば、月曜日に「財布」を断捨離することに決めたとします。

そしたら、火曜日も、水曜日も、木曜日も、金曜日も財布を断捨離するのです。

なぜかというと、月曜日に断捨離して財布の中身がお金だけになったとしても、火曜日にお買い物をしたらレシートが入っているかもしれないですよね?

徹底的に同じ場所を何度も繰り返して、完璧にしていくのです~!

完璧な状態になっていることが、当たり前になったら、つぎの場所も完璧な状態が当たり前だというくらい徹底的にやります。

1ヵ所(1つ)につき徹底的に繰り返しやれば、リバウンドすることはありません。

また徹底的に繰り返すので、本当に自分にとって大切なものだけに厳選されていくのです。

失敗しない断捨離のポイント

  • 同じ場所を何度も断捨離しましょう
    • 同じ場所を何度も断捨離すれば、リバウンドしない
    • 徹底的に繰り返すと、自分にとって大切な物だけに厳選される
    • 断捨離に終わりはない

まとめ:考え方しだいでスッキリ生活が可能に

必要な物と不要な物を、明確に区別することができたら、手放せないと思っていた物を手放すことができるようになります。

物を手放すことができるようになったら、部屋をスッキリさせることなんて楽勝です。

だって物がないのだから(*´∇`*)

つぎの順番で断捨離すると、必ず物が減らせませす!

断捨離の方法(順番)

  1. 明らかにゴミである物を捨てる(一気に物の数を減らすことが目的です)
  2. 狭い場所からとりかかる(お財布や冷蔵庫など)
  3. 断捨離した場所が完璧になるまで徹底的に繰り返す
  4. 完璧な場所を2つ、3つ・・・と増やしていく
  5. 押入れ、クローゼットなど広い場所に挑戦する
  6. 理想の空間をゲット!

 
 
物の手放し方はつぎの3つ。

◆手放す方法

  • ゴミ・ガラクタは捨てる
  • 売る
  • 譲る

捨てられないなら、簡単に手放せる方法を選びましょう~!
売るなら、簡単に大量に処分できて、収入につながる宅配買取サービスがおすすめ。

 
 
失敗しない断捨離のポイント7つ

  • 汚部屋から脱出するためには、家の中からゴミを出し切る
  • 断捨離初心者さんは、狭い場所から始める
  • う断捨離する場所を決めたら、その中の物を全て出す
  • 今のあなたにとって、「要・適・快」→ 残す。
    「不要・不適・不快」→ 手放す。
  • 捨てられない物は、「譲る」「売る」ことを考える
  • 同じ場所を何度も断捨離する

 
 
難しく考えないで、まず無意識に溜め込んでしまっているゴミを捨ててみてください!

ゴミを捨てるとスッキリするという感覚を味わってしまえば、楽しくなってやめられなくなります(*´∇`*)

スポンサーリンク