スポンサーリンク

賞味期限切れの調味料
 
醤油・ドレッシング・焼肉のたれ・ケチャップ・マヨネーズ
 
液体の調味料って、肉や野菜のように、目に見えて腐っていく様子が分かるわけではないし、蓋をした状態では臭いも出ないから、

使いきる前に、消費期限が切れていた!なんてこと、ありますよね。
 
 
気が付いたときに、捨てれればいいんですけど・・・
 
醤油やドレッシングなどの調味料が大量に残っていると、「キッチンの排水口やトイレに流してもいいのかな?」
 
「どうやって捨てればいいんだろう」と悩んでしまって、賞味期限切れの調味料を捨てたいのに捨てられなかったりします・・・。
 
 
そこで、液体の調味料の正しい捨て方をまとめました!
 
 
 
捨て方を知ってしまえば、大量にあっても捨てるのは簡単です(*´∇`*)
 
冷蔵庫のドアポケットが液体の調味料で埋め尽くされているという状態から、さくっと抜け出しましょう~。
 

 

スポンサーリンク

賞味期限切れの醤油やドレッシングの捨て方!大量でもサクッと捨てる方法

醤油やドレッシングのようなサラサラした調味料。
 
マヨネーズやケチャップ、焼肉のたれのように、ドロットした調味料。
 
粉末や固形といった調味料ではなく、液体の調味料も「燃えるゴミ」として捨てます(*´∇`*)
 
といっても、液体の調味料をそのまま燃えるゴミに入れてしまうと、他のゴミまでがびちゃびちゃになってしまいますよね。
 
なので、牛乳パックなどの紙パックなどの捨てても構わないような容器に、キッチンペーパーや新聞紙など液体を吸収できる物を敷き詰めて、その中に液体の調味料を流しみ染みませるんです。
 
調味料をしみこませたら、こぼれないように口元を閉じて、燃えるゴミとして捨てれます。

液体の調味料を捨てる時に必要な物

液体を調味料を捨てるためには、次の2つを準備しておきましょう~!
 

  • キッチンペーパーや新聞紙(調味料を吸わせるため)
  • 牛乳パックのような紙パック(入れ物)

 
詳しく説明していきますね。

調味料を吸収させる物(キッチンペーパーや新聞紙)

調味料を吸収させるために、次のような物があると良いです。

  • 新聞紙
  • 黄ばんだシャツ
  • 黒ずんだタオル
  • キッチンペーパー
  • 吸わせるテンプルなど油処理できるパッド

 
調味料を吸収させるものは、新聞紙や黄ばんだシャツ、黒ずんだタオルなど、ゴミとして処分するようなもので十分です。
 
もしなければ、キッチンペーパーや吸わせるテンプルのような油処理できるパッド、おむつなどでもOKです。
 
捨てる調味料が大量にある場合は、吸わせるテンプルやおむつのようなパッドの方が、吸収力が高いのでおすすめです。
 
 

紙パック(ビニール袋)

液体の調味料をしみこませる容器は、牛乳やコーヒーなど500mlか1Lの紙パックの容器がおすすめ。
 
もし紙パックがなければ、ビニール袋でも代用できますが、紙パックの方が楽に処分できるので、捨てずに取っておいてください~。
 

調味料の捨て方(紙パックで捨てる時)

牛乳パックのような紙パックで捨てる時は、まず洗って乾かします。
 
乾いたら紙パックの上の部分を切り開いて、四角柱の状態にしてください。
 
つぎに、新聞紙やキッチンペーパー、ボロ布やタオルなどを詰めます。
 
その後、醤油やドレッシングなどの液体の調味料を流し、吸収させていきます。
 
さいごに、口の部分を折って、ホッチキスやガムテープなどで、こぼれないようにとめれば、燃えるゴミ袋として処分できます。

スポンサーリンク

調味料の捨て方(ビニール袋で捨てる時)

液体調味料の捨て方
 
ビニール袋で調味料を捨てる時は、ビニール袋が破れると大変!
 
なので、まずビニール袋を二重にしましょう。
 
その後、吸収させるものを袋に入れて、調味料を流し込んでいきます。
 
調味料が染みこんだら、ビニール袋の口を縛って、こぼれないようにして捨てるだけ、です。
 
これだけでも十分だと思いますが、私はさらに「要らない紙袋」の中に入れたり、「新聞紙」で包んでから燃えるゴミの袋に入れて捨てています。
 
液体調味料と紙袋

醤油・ドレッシングのNGな捨て方

醤油やドレッシングなどの液体の調味料を捨てる時
 

  • キッチンの排水口に流す
  • トイレに流す

 
といった捨て方は厳禁です。
 
 
ドボドボと流して捨てる方が燃えるゴミとして捨てるより早くて楽ですが、環境を破壊する行為になるので、絶対にやっちゃだめですよ。

まとめ

スポンサーリンク

今回の記事では、賞味期限切れの醤油やドレッシングなどの液体調味料の捨て方をご紹介しました!
 
液体調味料は、排水口やトイレに流すと環境を破壊してしまいます。
 
調味料は、新聞紙や古着、ボロ布など要らないものにしみ込ませ、燃えるゴミとして捨てましょう☆
 
この方法であれば、環境などを破壊することなく大量の調味料であっても処分できます。
 
一度思い切って調味料を捨ててみると、スッキリ感がハンパないので、是非断捨離してみてください(*´∇`*)
 
賞味期限切れの調味料で冷蔵庫が占領されなくなるので、めちゃめちゃスッキリします~。
 

 
 

スポンサーリンク