処分したアルバム
 
昔ながらの台紙が増やせる古いアルバムって、捨て方に悩みますよね。
 
大きいから、捨てる時にかさばるよね?重いアルバムをどうやって運ぼう・・・
 
フィルムのビニールと、台紙の紙は分別して捨てるの?、燃えるゴミでいいの?、とか。
 
捨て方が分からないと、捨てることが面倒になって、つい後回しにしちゃいがち。
 
私も捨て方が分からなかったので、アルバムの断捨離が一向に進みませんでした。
 
 
が、引越しすることになったので、古いアルバム全部を持っていくことと、断捨離することを天秤にかけ
 
このたび、10冊以上のアルバムを処分しました~!!
 
 
そこで今回の記事では、私がどうやってアルバムを捨てたのか。
古いアルバムの捨て方をご紹介したいと思います。
 
 
「アルバムは、フィルムと紙を分別して捨てるんだろうか?」

「まるごと1冊、燃えるゴミとして処分していいのかな?」

など、アルバムの捨て方が分からなくて、捨てられず困っている主婦のあなたに参考にしていただけると嬉しいです。
 
 

スポンサーリンク

 

古いアルバムの捨て方

アルバムをゴミとして捨てる時、分別するの?

わたしは、アルバムの捨て方が分からなかったので、まず、ゴミの回収日をお知らせするカレンダーに「アルバムの処分の仕方」が載っていないかな?と思って、チェックしました。
 
でも、載っていなかったので、地元の市役所に問い合わせて、アルバムの処分方法を尋ねました!
 
電話をする前は「何課に電話すればいいんだろう?」なんて思っていましたが
 
市役所の総合窓口に電話をして、

「アルバムを処分したいのですが、捨て方が分からないので教えてください」

と伝えたら、あっさりと担当の係りの方に電話を取り次いでもらえました(*´∇`*)
 
私が住んでいる地域は、紙もビニール(フィルム)も、燃やせるゴミとして捨ててOKだったので、アルバムは燃やせるゴミとして処分すればOK!でした。
 
正しい捨て方さえ分かれば、あとは言われたとおりに捨てればいいだけ!

アルバムの捨て方が分かってからゴミとして捨てるまでに時間はかかりませんでしたよ
 
 
アルバムの捨て方だけでなく、ゴミの捨て方は、各自治体によって異なります。
 
もしゴミの出し方が分からなかったら、あなたも市役所に問い合わせてみてくださいね(*´∇`*)

アルバムを燃えるゴミとして捨てる時の捨て方

処分したアルバム
 
アルバムの捨て方は燃やせるゴミとして処分してもOKと分かりました。

でも、処分したいアルバムは10冊以上もあったので、どうやって捨てよう?と、悩みました。
 
ミ袋の中に何冊ものアルバムを入るだけ入れると、重たいので運ぶのが大変そう
 
バラバラに分解したほうが、1つのゴミ袋に沢山入るかなぁ?、とか。
 
色々試行錯誤した結果、最終的には、燃えるゴミのゴミ袋の中にそのままアルバムを入れて捨てることにしました
 
 
といっても、1つの袋に何冊ものアルバムを入れると重いしかさばるので、1袋に入れるアルバムの数は2~3冊までにして、何日かに分けて捨てました!
 
アルバムを分解せずそのまま捨てることにした理由は3つです。

  • アルバムを分解するのに時間・手間がかかるから
  • アルバムを分解するとかさばるから
  • 不要だと思った写真が貼ってあるから

アルバムを分解するのに時間・手間がかかるから

まず、ためしにアルバム1冊を台紙から外して、台紙を切るという作業をしてみたんですが、とても時間と手間がかかり面倒でした。
 
台紙は分厚いので、手で裂こうとすると結構な力が必要。
 
かといって、ハサミでも面倒・・・。
 
1冊ならともかく、10冊以上もこの作業をしなくちゃいけないの!?と思ったら、嫌になるほど大変でした。
 
なので、アルバムを分解してバラバラにするのはやめました。

アルバムは分解するとかさばる

アルバムを分解してかさばらないのなら、ゴミ袋の中に沢山入れることができるようになるので、分解する意味があります。
 
だけど、アルバムは分解したら、余計にゴミの量が増えてしまったようにかさが増えたので、とてもやる気になりませんでした。
 
ゴミ袋の中に他の燃えるゴミを入れた後、その隙間を埋めるようにバラバラにしたアルバムの台紙を入れていきたいのなら、分解したほうが良いです。
 
でも、逆にゴミ袋の中にアルバムを入れて、その隙間を埋めるように他のゴミを投入していったほうが、簡単で効率的でした(*´∇`*)
 

スポンサーリンク

不要だと思った写真が貼ってあるから

似た写真
 
私はアルバムを処分する前に、お気に入りの写真だけをアルバムから剥がして「見返すことはないと思った写真」は、そのままアルバムに貼った状態にしていました。
 
つまり、アルバムを分解しようとすると、写真があらわになり、捨てづらくなってしまうと思ったので、ゴミ袋の中にアルバムを入れるときは分解せずそのまま入れて捨てる!いう方法が一番良いと思いました。

アルバムを処分したら、後悔する?

アルバムを眺めていると「あ~、こんな写真あったな~」「この頃は可愛かったな」なんてその当時のことが走馬灯のように蘇って、懐かしくなりますよね。
 
そいうった気に入った写真は、捨てるべきではないと思います。
 
捨てたら後悔しそうなので、私も手元に残してあります(*´∇`*)
 
アルバムに貼ったまま捨てた写真は

  • ピンボケの写真
  • どこで撮ったかも分からないような風景の写真
  • 動物や生き物だけの写真
  • 知らない人だけが写っている写真
  • 見ると嫌な気持ちになる写真

 
つまり、見返したいと思う写真ではないものを、アルバムごと捨てました。
 
見返したい写真は残っているので、後悔はしていないです(*´∇`*)
 
 
アルバムを断捨離したことで、押入れのスペースが空いてスッキリ!
 
「また見たい!」と思うお気に入りの写真だけを厳選して残したので、わたしにとって、さらに写真が宝物になりました

まとめ

アルバムって捨て方が分からないから、後回しにしてしまいがちですが、正しい捨て方さえわかってしまえば、その方法で捨てるだけなので、断捨離が加速します。
 
アルバムの捨て方が分からないなら、市役所に処分の仕方を問い合わせることからはじめましょう~!
 
もし分別などせず、燃やせるゴミとして捨てても大丈夫であれば、分解・分別などせずそのままゴミ袋に入れるのがおすすめです。
 
バラバラにしなくちゃ・・・と思うと、手間と時間がかかるぶん、捨てるハードルを自分で高くしてしまいます☆
 
なので、アルバムは分解せず、そのまま燃えるゴミの袋に入れて捨てちゃいましょう!
 
アルバムを捨てると、押入れ空間がスッキリ!気持ちもスッキリしますよ。
 
 

 
 

スポンサーリンク

 
関連記事とスポンサーリンク