処分したコスメ、アイメイク

季節ごとに、どんどん新商品が登場する「コスメ・化粧品」。
 
気になるブランドの新作が出るとワクワクして、つい買っちゃうんですよね・・・。
 
使いかけのスキンケア品は、ボディ用として使えるし、ふちに残ったファンデーションや口紅、固まっちゃったマスカラは、工夫すれば使えるでしょう?
 
化粧品のサンプル品は旅行の時にあったら便利!
 
いつか使うかもしれないし、まだ使えるものを捨てるなんて、もったいなくて捨てられない・・・ですよね?
 
そしたらいつの間にかコスメボックスからあふれかえるほどためこんで、いざ使いたいときに見つからないという状態に。
 
 
さすがにこれではダメだな~と思いながら、捨てられずに何年もこの状態が続いていたんですが

あることを知ったら、躊躇なくばさっとコスメ化粧品を断捨離できました~!!
 
 
なぜ今までもったいなくて捨てれなかったのに、あっさり捨てれたかと言うと

化粧品・コスメの使用期限が思っていた以上に短くて、使いかけのまま残しておいた化粧品やメイクグッズを使うのが怖くなってしまったからです・・・。
 
 
そこで

  • コスメ化粧品の消費期限はどれくらいが目安なのか?
  • 古い化粧品・コスメを使ったら、どんなトラブルあが起こるのか?

などについて、ブログにまとめました。
 
 
捨て時と、古い化粧品を使うと招きかねないトラブルを知ってしまったら、ドンドン断捨離できるようになりますよ(*´∇`*)
 
参考にしていただけると嬉しいです(*´∇`*)
 

スポンサーリンク

 

コスメ化粧品は使用期限が捨て時!捨て時を知ると断捨離が加速する!?

消費期限や賞味期限が書かれている「食べ物」だったら、「期限が切れた食べ物は食べれないから、捨てようかな~」って、思いますよね?
 
野菜室の奥の方で、大根がしなしなになってしまったり、トマトが柔らかくなりすぎてぐにゃっとしていたら、

「もったいことしてをして申し訳ないな・・・」と思いはするけど、と捨てれますよね?
 
だけど、化粧品は「この時までは安心して使えますよ」というような期限がパッケージに書かれていないので、いつまでも使えるような気がしちゃうんですよね。
 
だからいつか使うかもしれないと思って、取っておきたくなるし

「使える」のに「捨てる」のは「もったい」ないから、捨てれないんです。
 
コスメ化粧品がずっと使えると思っているのは幻想で、ずっと使えるわけではなく「使用期限」がある。
 
その使用期限が過ぎたら、使えないと思ったら、捨てれるようになりました!!

ファンデーション

ファンデーションは開封したら6ヶ月以内に使い切るのが理想。
 
その時の旬のメイクや質感を表現しているものが多いので、古いファンデーションを使うと古い肌を演出しちゃうことになります。
 
そして何より、半年以上したファンデーションは劣化してしたもの。
 
そんな劣化したものを顔につけるのはイヤだし不衛生ですよね。
 
ふちに残った使いかけのファンデーションの使い道を工夫する・・・なんてこともしたことないので、あっさり捨てました。

基礎化粧品・下地・日焼け止め

基礎化粧品・下地・日焼け止めといった直接肌に塗るものの消費期限は、開封後6ヶ月が目安です。
 
雑菌が繁殖してしまった化粧品を使うと、雑菌が毛穴に入って炎症・発疹などダイレクトに肌荒れの原因になることも。
 
特に古い日焼け止めは、刺激が強くなったり、紫外線を防ぐ効果自体がなくなっているものもあるんだって!
 
それを知っちゃうと、わざわざとっておく必要がないですよね。
 
ケチケチ使わずに、バンバン使って使い切ろう~!という気になりました。

口紅・リップ

口紅やリップクリームの使用期限も6ヶ月以内
 
ファンデーションもそうなんだけど、カラーを彩るコスメはトレンドが現れやすく

質感・色味・発色が時代とともに微妙に変わっているんですよね。
 
流行に敏感な人には時代遅れのものを使っているな・・・と思われちゃうかも?
 
なんていわれても、「好きだからいいの!」なんて思っていたんですけど

唇は粘膜。敏感な部分ですよね?
 
古い口紅やリップを塗るとかぶれることもあるんですって!
 
それを知って、半年出番がなかったものは、捨てれました。
 
でも!口紅って毎日使っていても6ヶ月以内に使い切ることって難しいですよね・・・。
 
もっとミニサイズにして安くしてもらえるとありがたいですね(*´∇`*)

マスカラ・リキッドアイライナー

マスカラ・リキッドアイライナーの使用期限は3ヶ月
 
なんでこんなに短いかというと
マスカラやリキッドアイライナーは、ブラシを本体に出し入れしますよね?
 
だからバクテリアが液に入りやすくて、雑菌がわきやすいんですって。
 
雑菌のついたマスカラを使用すると、目の充血やかゆみ、結膜炎やものもらいなどの原因にもなるそうですよ~。
 
こんなこと知っちゃったら、怖くて使えません・・・。
 
古いものを使うとダマになるから、失敗やすいですしね。
 
新しいものを使うのが一番です☆

アイシャドウ・チーク

アイシャドウやチークは、スキンケア用品と比べると消費期限は長く1年くらいが捨て時です。
 
ただアイシャドウチップなどはこまめに洗って清潔にしておかないと、雑菌が繁殖しやすいので注意が必要。
 

スポンサーリンク

未開封の化粧品

未開封のコスメ化粧品の消費期限は3年が目安
 
化粧品の成分によって分離しやすいものがあったり、酸化がしやすいものもあるので、3年といわず早めに使い始め使い切ったほうが良いでしょうね。

化粧品のサンプル

【未開封のスキンケアサンプル】

  • メイクアップリムーバーや洗顔料 1年
  • ローション 6ヶ月~1年
  • 美容液、フェイス用保湿剤、ボディ用保湿剤 6ヶ月~1年
  • リップクリームやリップバーム・・・1年

 
【未開封のメイクサンプル】

  • マスカラ、アイブロウ、アイシャドウ、アイライナーなど目の周りのコスメ 4ヶ月~6ヶ月
  • リキッド・クリーム・ファンデーションやコンシーラー 6ヶ月~1年
  • パウダーファンデーションやフェイスパウダー 2年~3年
  • 口紅、リップライナー、リップグロス 2年~3年

 
化粧品のサンプルは「旅行の時に持っていったら荷物が減る☆」と思って、残しておきたくなるんですよね・・・。
 
だけど「いつもらったのか忘れちゃう!」「どこに置いたか分からなくなる」なんてことも。
 
化粧品を小分けにする入れ物やグッズも、100均には沢山あります。
 
いつ行くか分からない旅行のためにとっておくより、すぐに使っちゃうのが手っ取り早いかもしれないですね。

化粧品を良い状態でキープする保管のポイント

では次に、化粧品のコンディションを保って、化粧品本来の効果が最大限に発揮できる保管の方法をご紹介します。
 
大前提として、開封前・開封後ともに高温多湿・温度変化の激しい場所、直射日光が当たる場所は不向きです。
 
あと次のようにしていくと、酸化や雑菌の繁殖を防げるので安心して使えますよ。

  • フタはしっかり閉めて酸化を防ぐ
  • クリーム類はスパチュラを使う
  • 使い口が汚れたり液だれしたらティッシュで拭く
  • パフやブラシはこまめに洗う

 
ぱぱっとお化粧して、使った道具はそのまま~なんてことしてました・・・。
 
「雑菌」が繁殖してる化粧品でスキンケアしたり、メイクしてもキレイになるワケがないですね。
 
断捨離して数が減ったせいでしょうか?
 
気分的に余裕が生まれて、まめにメイク道具のお手入れもするようになりましたよ☆

コスメ・化粧品を断捨離した効果・感想

いくら私でも、変色してたり異臭を放っていたり。
 
買った時と違うものになっている!と気づけば捨てています。
 
だけど、化粧品やコスメって、見た目はそんなに変わらないんですよね・・・。
 
見た目が変わらないと「使えるもの」だと判断してしまうから「捨てれない」「残しておきなくなる。」
 
それは、今までコスメや化粧品の使用期限を知らなかったからです。
 
使用期限を知ってしまったら「期限を過ぎたものは使えない」という捨てる基準というか捨て時が明確になりますよね。
 
「使えるものを捨てる」となるともったいないと思うし、申し訳ないという罪悪感が生まれるけれど
 
使用期限を知ると「使えないから捨てる」ことになるので、捨てるという同じ行為であっても、気分的に楽なれて、手放すことができました。
 
今は、使っているモノだけが並んでいるという状態なので、コスメの収納棚はスッキリ!
 
全てはコスメの収納棚に揃っている状態なので「あれはどこに置いたかな~」なんていうことも、なくなりました。
 
あと「残しておいても使えなくなる」と分かったら「期限以内に使い切ろう!」「使い切ったら買えばいい☆」という気持ちになったので

サンプル品をもらったらすぐ使うようになったし

新商品が出ててもつい買ってしまう、衝動買いがなくなりました!
 
だから、スッキリの状態がキープできています。

まとめ

今日はコスメ化粧品の使用期限をご紹介しました。

改めてざっくりとまとめなおすと・・・

  • 3ヶ月以内・・・マスカラ・リキッドアイライナー
  • 6ヶ月以内・・・ファンデーション・基礎化粧品・下地・日焼け止め・口紅・リップクリーム
  • 1年以内・・・アイシャドウ・チーク
  • 未開封の化粧品 3年以内
  • 化粧品のコスメサンプル 1年

今回ご紹介した使用期限は、あくまでも目安です。
 
参考程度にして、変色、異臭、分離があった場合は、絶対に使わないでくださいね。
 
 
コスメ化粧品にも食べ物と同じように消費期限があると分かると、捨てやすくなるので、断捨離が加速するはずです(*´∇`*)
 
1年以上使っていないものは全部捨ててOK!
早速始めてみてくださーい。

スポンサーリンク

 


 
関連記事とスポンサーリンク