ゴキブリ根絶

新築に引っ越してからまだ半年すら経っていないのに、家の中で小さいゴキブリを見つけてしまいました!
 
2mm程度の赤ちゃんのゴキブリ・・・です。
でもいくら小さいと言っても、ゴキブリはゴキブリ。
 
大きなゴキブリになる前に、小さなゴキブリの状態で駆除したい!
できれば、増やしたくもありません。
 
 
そこで小さいゴキブリの駆除の仕方と嫌なゴキブリを増やさない予防と対策を調べたのでシェアさせていただきます(*´∇`*)
 

スポンサーリンク

 

小さいゴキブリの駆除の仕方

新築を建ててもらっている時、工務店の現場監督さんに、耳にタコができるほど言われていたことがあるんです。

小さいゴキブリはどこから・・・ by現場監督

現場監督さんに言われたことは・・・
 
うちで建てる家は高気密工断熱。
だからいったんゴキブリが家中に侵入してしまうと、人と同じようにゴキブリにとっても住み心地がいい家だということです。
 
逃げたくても逃げれない構造になってますから、くれぐれも気をつけてくださいね。
 
新しいものを買うんだったらいいけど、今まで使っていた冷蔵庫やエアコンなどの電化製品を新居に持ち込むんだったら、裏とか配管部分にゴキブリの卵がついていないかチェックしてください。
 
引越しの荷物にゴキブリが潜んで、いっしょに引越ししちゃうことがたまにあるから・・・。
 
あと、ダンボールに服や食器を詰め込んで運ぶと思うけど、そのダンボールにゴキブリの卵が産み付けられていることもあるから、すぐにダンボールはすぐに捨ててくださいね。
 
ダンボールは適度な隙間と保温性があるから、ゴキブリにとって最高の巣なんですよ、と。
 
 
つまり、現場監督さんが言いたかったことは、

  • 引越しの荷物の中にゴキブリが潜んでいることが考えられる!

特に、

  • ダンボールは、スグ捨てること!
  • 冷蔵庫や洗濯機の配管部分にゴキブリの卵がないか要注意!

 
小さいゴキブリが数匹家の中に居たら、、引越しの荷物の中のどこかに産み付けられた卵が孵化したものだと、考えられます( ̄. ̄;)
 

新築に引っ越した時のゴキブリ対策

私はゴキブリが大嫌いです!
見たら「ぎゃ~~~!!」と叫ばずにはいられません。( ̄. ̄;)
 
「1匹ゴキブリが居たら、その家には100匹は生息している」と昔から良く耳にしますよね?
 
新居で見たら、超ショックです。
 
ゴキブリを絶対見たくないと思ったので、毒エサのブラックキャップを買って、キッチンのシンクの下。
 
冷蔵庫や洗濯機の横はもちろんのこと、廊下や寝室・子供部屋のクローゼットいたるところに置きました。
 
ダンボールもスグに捨てたし、冷蔵庫の下やエアコンの背面も確認した!
 
エアコンも逆支弁というものをつけてもらって、侵入を防いだつもりになってました。
 
やれることは全部やって快適に生活していたのに、ダイニングテーブルの上に置きっぱなしだっ台拭きの下と、リビングのソファーの下からカサカサカ・・・ヤツが出てきたんですよ。
 
2mmくらいの小さいゴキブリの赤ちゃんが・・・。
 
なんでなんでしょう?
毒エサのブラックキャップは「効果なし」ということだったんでしょうか?
 

▼ 実際にやったゴキブリ対策の記事はこちら~☆
 
新築一戸建てのゴキブリ対策!新居へのゴキブリの侵入を防ぐ方法

小さいゴキブリの駆除の仕方

工務店の現場監督さんに「小さいゴキブリが家の中にいました・・・」と連絡したところ、次のようなアドバイスをいただきました。
 

小さいゴキブリの駆除の仕方 by現場監督

ゴキブリの小さいヤツ。
赤ちゃんを2匹も見つけたんだったら、外から侵入したというのは、考えにくいです。
 
家の中にあったゴキブリの卵が孵化して、赤ちゃんが生まれてしまったと考えられます。
 
引越しの荷物の中に、ゴキブリの卵がまぎれていたんでしょう。
 
小さいゴキブリだったとしても、家の中にゴキブリがいるとなったら、毒エサを置くだけじゃだめです。
 
ゴキブリホイホイみたいな捕獲できるもので、小さいゴキブリを1匹ずつ地道に数を減らすしかありません。
 
それが一番確実な駆除の仕方です。
 

我が家に出没した小さいゴキブリはどこから?

新居に引っ越す時にできるゴキブリ対策は、全てやったつもりでした。
 
荷物を運ぶために利用しているダンボールも、すぐに処分しています。
 
とはいっても、これは私がやっている、と言うハナシで、同居している「父」や「父の弟である(叔父)」にお願いはしているけど、実際にやっているかどうかは、別の問題。
 
もしかしたら、同居している父や叔父の荷物に「ゴキブリの卵」が、紛れ込んでいたのかもしれません。
 

実際に小さいゴキブリの駆除をしました!

一般的に、1つの卵から20~30匹の幼虫が生まれるらしいので、今現在我が家にはそれだけのゴキブリが居てもおかしくないと考えられます。
 
それだけのゴキブリが一気にわさ~と出てくることはないと思うけれど、それだけのゴキブリが新築の我が家のどこかに隠れていると思うとゾっとします。
 
できることなら、小さい赤ちゃんのゴキブリでさえ見たくありませんし、死んだゴキブリも見たくありません。
 
だから、捕獲型のゴキブリホイホイは、できれば置きたくない・・・と思っていました。
 
でも、家の中でゴキブリを見つけてしまった以上、仕方ありません。
 
毒餌のブラックキャップと捕獲型のゴキブリホイホイを併用することにしました!
 
 

 

ゴキブリの成虫の侵入経路を遮断せよ!

ゴキブリが侵入してくる場所と言えば、トイレや洗面所、キッチンの排水溝かな~と思ってたんだけど、網戸の隙間、玄関ドアや窓の開閉時に入ってくることも多いんだって。
 
しかも2mmの隙間さえあれば、どこからでも侵入できちゃうから、家が新築だからとか、キレイに掃除しているからといって、ゴキブリが居ないかというと、そうでもないみたい。
 
もちろんホコリはゴキブリのエサになるから、ないにこしたことはない。掃除したほうが勿論いいんだけど・・・。
 
ゴキブリは柑橘系のフルーツの匂いやハッカ・シナモン・ペパーミントとかのハーブの香りが嫌いなんだって。
 
だから、ゴキブリが唯一食べない「塩」に嫌いな香りの製油をたらして、外と中をつなぐ玄関やドア、水周りなどの配管付近においておくと侵入してこないらしいです~。
 
たったそれだけのことでゴキブリの侵入を防げるなら、やらない手はないですね!
 

スポンサーリンク

ゴキブリが好きな家ってどんな条件?これを知っておけば予防も万全

ゴキブリにとって好きなものがある家であればあるほど、ゴキブリが寄ってくるよね。
 
逆にゴキブリにとって好きなものが少ない家であれば、好きなものが多い家のほうを住処にするらしいのね。
 
つまりゴキブリの好きなものを徹底的に排除することで、ゴキブリが住みつかない環境にすれば、予防につながるはずです~!

庭・ベランダに植木鉢やプランターがある家

植木鉢やプランターの下は湿りやすいから、ゴキブリにとって最高の住処なんだって。しかも一度置いたら、あまり移動させないでしょう?
 
置かないのが一番なんだけど、どうしても置きたい場合はまめに移動させたり、近くに毒エサを置くと近寄られないみたい。
 
そのまま置いておくだけだと、玄関やベランダを開けたときに、ささっと一緒に入ってきちゃうかもね?

宅配便のダンボールを置きっぱなしの家

ダンボールが運ばれるのは、なにも引越しの時だけじゃないですよ。
 
通販でお買い物すると、ダンボールに入ってきますよね?
 
ということは・・・ダンボールの隙間に卵や成虫がくっついていることがあるので、置きっぱなしにせずスグ捨てないと、ダンボールがゴキブリ巣になっちゃうかも!?

ビールのカンやビンを放置してある家

ゴキブリはビール酵母に含まれる麦芽糖の香りが大好きなんだって。
 
匂いをかぎつけると野良ゴキブリがビールを舐めるために勢い良く飛んでくるらしいよ。
 
しっかり水で洗い流して、フタ付きのゴミ箱に捨てないと、ビール呼び水になっちゃうってことです。

玉ねぎ・ジャガイモ・乾物などが常温保存の家

ゴキブリは玉ねぎも大好き~。
 
玉ねぎだけじゃなく、じゃがいも・乾物などの匂いのするものを常温保存していると、匂いにつられてゴキブリが寄ってくるんだって。
 
冷蔵庫の野菜室に入れて保存すると良いそうです。
 
冷蔵庫の整理からはじめなくちゃ・・・。

コンロの周りやレンジフードに油がついている家

さらにさらにゴキブリは油が大好物。うちはIHだから大丈夫~って思ってたんだけど、レンジフードに汚れが溜まってた・・・。
 
まめに掃除しないと、夜になるとゴキブリが徘徊するキッチンにっ!?。
 
深夜にゴキブリとご対面したくないなら、面倒なレンジフードも掃除しなくちゃだめっぽいね。
 
がんばろう。

効果絶大なゴキブリの退治の仕方

ゴキブリを見つけたら、どうしてる?
 
新聞を丸めたものやスリッパで徹底的に叩いたら、さすがのゴキブリも死ぬけれど、床や壁が汚れるし菌が飛び散っちゃうからダメなんだって。
 
(そもそもやりたいとも思わないけど。)
 
で、ゴキジェットプロみたいなスプレータイプのものは、うちはワンコがいるからあまり使いたくない。
 
赤ちゃんがいるお宅もハイハイしたり、なんでも舐めちゃうからあまり不安だよね?
 
赤ちゃんみたいな小さいゴキブリならともかく、大きいゴキブリが出てきたらどうやって殺そうって思わない?
 
そんなあなたにオススメなのが、キッチン用のアルコールスプレー。
 
ゴキブリはアルコールをかけられると呼吸器がふさがれて息ができなくなって死ぬんだって。
 
アルコールのスプレーであれば、食器にかけてしまっても問題がないものだから、ゴキジェットのスプレーよりも安心。
 
死骸はトイレットペーパーにくるんで、トイレに流しちゃえばOKです。

まとめ

・新築だからといってゴキブリが侵入できないワケではない

・2mmの隙間さえあれば、ゴキブリの成虫の侵入経路となる

・ゴキブリの卵は引越しの荷物といっしょにやってくる

・ゴキブリは湿気・適温・ダンボール・たまねぎ・ビールが大好き!それを排除することで予防につながる

・新居で小さいゴキブリを見つけたら「毒エサ+捕獲」で数を減らすしかない

・ゴキブリと遭遇したら、キッチン用のアルコールスプレーをかけるとゴキブリは窒息死する
 
ななおはこれらの予防と対策で、我が家から「ゴキブリ断絶」目指します。
 
また結果は随時このブログで報告しますね。どうぞお楽しみに~♪
 
 

 
 

スポンサーリンク

 
 


 
関連記事とスポンサーリンク