キッチンの断捨離の効果、やるメリットとは。
スポンサーリンク

・キッチンを片付けても、スグにごちゃついている・・・
・洗物がたまってしまった
・ダブリ買いをしてしまう
・冷蔵庫の中のものが、いつの間にか腐っていたり、賞味期限が切れていた
・生活感がにじみ出ているキッチンをなんとかしたい!

新築したときに憧れのオープンキッチンにしたものの、我が家のキッチンは、いつの間にか誰にも見せることができない、見せることが恥ずかしいそんなキッチンでした。

が、断捨離に目覚め、2年以上かけてモデルルームのような何もないキッチンをキープできるようになりました!

もちろんお料理している時のキッチンは、カウンターに物がのっていて、ごちゃついています。

けど、断捨離を通じて毎日片付ける習慣が身についたので、そのごちゃついた状態は、そ日のうちにはリセット!!

スッキリとしたキッチンに戻せるようになったのです。

そんなわたしが、キッチン断捨離のメリットをまとめました。

このメリットを知ってしまったら、この効果を実感してしまうと、断捨離が楽しい!断捨離をしたくなる!断捨離をせずにはいられない!という感覚に陥ります(*´∇`*)

断捨離中毒に、ご注意ください~。

スポンサーリンク

キッチン断捨離の効果!メリット10

キッチンの断捨離暦3年のわたしが感じた、断捨離の効果・メリットはつぎの10点です。

  • 調理台やカウンターに物を置かなくなった
  • 掃除の手間が軽減する
  • 冷蔵庫の中がスッカスカ
  • 食材の量が把握できるようになった
  • 安いものに飛びつかなくなった
  • 食材・調味料を捨てることがなくなった
  • ダブリ買いしなくなった
  • 物を探すことが少なくなった
  • 収納しやすい
  • キッチンなのに生活感がない

 
以下に詳しく説明していきます。

調理台やカウンターに物を置かなくなった

スッキリ片付いたリビングダイニング

キッチンの断捨離をはじめたら、調理台やカウンターなどの水平面に物を置きたくないと思うようになり、置かなくなりました。

調理台に物がないと、広々としてスッキリ!

調理台がごちゃついていた時は、料理を作る気にもなれず「仕方がないから作るかぁ・・・」なんて、イヤイヤ作っていました。

が、すっきりしていると、不思議とお料理を作ることが苦にならなくなったんです。

今日は手の込んだ料理を作ってみようかな☆なんて、ワクワクしながら作ることが増えました(*´∇`*)

掃除の手間が軽減する

我が家のシステムキッチン

常に調理台やカウンターには何も置かない状態になっているので、お掃除するのも簡単☆

シンロもIHもピカピカなので、気持ちいいです~。

キレイになると、ちょっとした油汚れや水はねでも、すごく目立つので、こまめにふき取るようになり、きれいな状態がキープできています。

スポンサーリンク

冷蔵庫の中がスッカスカ

すかすかの冷蔵庫

冷蔵庫の中も定期的に断捨離しているので、パンパンだった冷蔵庫がスッカスカになりました~☆

食材が後ろに隠れている・・・なんていうことがないので、一目瞭然。

あるもの、ないものが、一目で分かります。

また冷蔵庫に隙間が空いてがらんとしていると、お掃除しやすい!

頻繁にお掃除するようになり清潔です(*´∇`*)

安いものに飛びつかなくなった

キッチンの断捨離を進めていくうちに、必要な食材は、必要な時に、必要なぶんだけ買えばいいと思うようになりました。
その日食べる分を、その日に買ってくるように。

そのおかげで、特売品やまとめ買いはしなくなりました。

食材・調味料を捨てることがなくなった

買い物に行く前に、冷蔵庫の中にあるものを、チェックしてから行くようになりました。
なので、食材の保管状態や賞味期限をチェックするようになったので、食材を腐らせてしまったり、賞味期限が切れてしまう・・・なんていうことが、なくなりました。

冷蔵庫に食品がパンパンに詰め込まれていたときは、把握し切れなくて、腐らせてしまうことがちょくちょくありました。

でも、今冷蔵庫にある食材を使い切るためには、何の献立にしようかな?と考えるようになったおかげで、食べ物を捨てることがなくなりました(*´∇`*)

ダブリ買いしなくなった

安いという理由で買い物をしなくなったので、家にあるのに買ってしまう!ということがなくなりました~!

断捨離する前は「今、家にあるのか、ないのか」すら覚えていなくて、あるのに買ってしまい、失敗した~~、なんていうダブリ買いがしょっちゅうでした。

食材の量が把握できる

家にストックしてある食材の種類自体が少ないと、管理も把握もしやすくて良いです(*´∇`*)

物を探すことが少なくなった

食材が多いと「買ったはずだったけど、どこに片付けたっけ?」なんて、ことがしょっちゅうでした。

例えば料理にキムチを使いたいのに、探してもキムチがなくて、急遽メニューを変更!

時間がある時にじっくり探したら、冷蔵庫の奥の方から、賞味期限切れのキムチが出てきたり・・・。

我が家は、冷蔵庫もパントリーもすっかすかなので、探し物をするというストレスがなくなりました。

収納しやすい

冷蔵庫もパントリーも隙間があるので、買い物をしたとき、さっと収納できます☆

以前は、冷蔵庫にもパントリーにも食料がいっぱいなのに、買ってきていたので、パンパン、ギューギューでした。

キッチンなのに生活感がない

断捨離をはじめたら、キッチンを使ったら、調理台の上を、すぐに片付けて、シンクやIHをきれいにたい!

カウンターは作業が終わったタイミングで、片付けたい!と思うようになりました。

なぜかというと、キッチンは物を減らして断捨離していても、水平面である調理台やカウンターに物がのっていると、生活感丸出しで、断捨離をした!という実感が持てなかったからです。

なので、使ったら、片付ける。
水平面には極力何も置かない、ということを意識した結果、生活感がないキッチン空間を実現することができました~!

もちろん、使っているときは、散らかっています。

散らかって当然。
だって、使っているんだから。

でも、使い終わったら、散らかったままにしておく必要はないので、片付けたくなる、といったかんじです。

断捨離をして、めちゃめちゃ変わったと思います。

わたしは、昔から、毎日買い物に行っています。

以前は、冷蔵庫に入れなくちゃいけないものは、すぐに入れていましたが、それ以外のものは、面倒で・・・

あとから片付ければいいや~とおもって、カウンターに置き去りしていたこともありました。

そういうことが積み重なると、もうキッチンはてんやわんや。

ごちゃごちゃして、生活感丸出しのキッチンだったのです。

忙しいから仕方ない~なんて、思っていましたが、忙しいからこそ、ちょっとの時間でできるうちに、片付けておかなくちゃいけないんです☆

空いた時間にやろうと思っているうちは、空いた時間なんてやってきません。

時間はつくるもの。

なんて、思うようになってきました。

すごい心境の変化です。

それもこれも、生活感がないキッチンにしたい~!!!という気持ちが強いからだと思います。

生活感がないキッチンって、やっぱり気持ちいいんですよ。

ごちゃごちゃしているキッチンより、断然心地いいのです。

心地いい空間で、過ごしていたい。

だから、断捨離しているって、かんじです。

まとめ

今回の記事では、キッチンの断捨離をして、わたしが実感した効果とメリットについてご紹介しました☆

わたしもすぐにこの心境になれたわけではありません。

きっと遅いほうで、2年もかかっちゃいました!

でも、続けてきたからこそ、感じれた効果だと思います☆

まだ断捨離をはじめていなくても、停滞していても、焦らなくても大丈夫。

断捨離は誰かに言われてやるものではありません。

やると気持ちがいいから、やりたくなっちゃうものなのです~。

ぜひ、あなたのペースでやってみてください~。

 

スポンサーリンク