リクシル アメージュZA

我が家の2階のトイレは、リクシル(LIXIL)アメージュza。

購入した理由は2つ。
 
まず1つめは、トイレを洗浄するだけで、汚れがツルンッと落ちて、新品の白さが100年続くアクアセラミック加工が施されていること。
 
2つ目は、便器のフチを丸ごとなくしたフチレスの形状になっているから、お掃除が楽チンだと思ってたから。
 
つまり「お掃除が簡単になる!」と思ったからです。
 
でも実際使ってみると、楽は楽。だけど大変な所もありました
 
これを買う前に知っていたら、買わなかったかも!?
 
アメージュzaを買う前に知っておいてほしいことをまとめました。

アメージュzaのココが気に入らない!デメリットを暴露 

うちのアメージュくん。めちゃめちゃデリケートなんですよ。
 
今まで使っていたTOTOの便器は、陶器だったのでブラシでゴシゴシこすろうが
 
エタノール(アルコール)が入ってるまめぴかやお掃除シートで、便座部分を拭こうがOKだったんですね。
 
だから、まめにお掃除シートでさささ~と掃除ができたんですよ。
 
まめに掃除するから、便座の裏もキレイなまんまだったんです。
 
だけど、アメージュくんは。
 

スポンサーリンク

便座やタンクの表面がプラスチックでできているから、傷つきやすいんです。(ノд・。)
 
雑巾を水でぬらして絞ったものか、トイレクイックルのようにアルコール成分が配合されていないお掃除シートを使わないと、変色して劣化の原因になるとかで。
 
トイレットペーパー+まめピカもNG!
 
今までななおがやっていたお掃除方法が、ことごとくアメージュくんには通用しなかったんです。
 
お掃除シートの中で、唯一使用してもいいトイレクイックルは、厚手で丈夫なんですが、高いんですよね。
 
100円均一で売られているお掃除シートではダメなんですよ。
 
アメージュくんはお金がかかる・・・。経済的じゃない。
 
トイレクイックルで、ちょいちょいマメにお掃除するのは躊躇しちゃうなーなんて思ってたら

便座とフタが当たるゴム足と呼ばれるところに、おしっこの色がついてしまって汚れが落ちない・・・。
 
しかもね。
 
トイレのタンクと便座のフタの部分が樹脂で出来ているせいか、静電気でめちゃめちゃホコリが付きやすいんですよ!
 
ホコリだけじゃなく、髪の毛もくっついちゃうし。
 
どれくらいヒドイかというと、朝拭いても、夕方にはホコリがついてる・・・みたいな。
 
手洗い器も、水ハネがしやすいことも問題。
拭かないと水滴が残っちゃうから。
 
さ・ら・に!!!
 
トイレクイックルでタンクや便座のふたの表面を拭くと、ムラムラになっちゃうんだよ~。
 
トイレクイックルで拭くと、殺菌効果が除菌効果があってキレイになっているかもしれないけど、拭きムラができちゃう・・・のは、イヤじゃない?
 
なので、トイレクイックルで拭いた後、雑巾で拭いているので楽じゃない!すんごく面倒です!!!
 
雑巾で拭いたら拭いたで、その雑巾を熱湯消毒したり除菌&漂白する必要があるでしょう?
 
もうこれが面倒。面倒でトホホってかんじなのです。
 
せっかくアクアセラミックやフチレスのトイレの便器を選んで、便器のお手入れは、めちゃめちゃ楽になったのに
 
まさか便座のフタとタンクの表面の部分のお掃除で苦労するのは、なんだかなぁ・・・?
 
考えもしなかったことでした。

アクアセラミックは掃除が楽なトイレ?

リクシルのホームページを見ると、アメージュzaはアクアセラミック加工がしてあるから

トイレを洗浄するだけでツルンっと汚れが落ちますよー。と、書かれています。
 
つまり、アメージュzaは

  • パナソニックのアラウーノのように洗剤が要らない
  • 手洗い器に「使うたびにトイレがキレイになる洗剤」を置く必要がない
  • 便器の中をごしごしブラシでこする必要もない

トイレの汚れを防止する機能がプラスされた便器だから、洗剤代も浮くし、トイレの水を流せば掃除もしなくてもいい!と、ななおは思ったんですよね。
 
洗剤が必要なアラウーノより経済的でいいじゃーーん☆、と。
 
だけど、・・・
 

スポンサーリンク

便器の中をお掃除せずにほうって置いたら、あっという間に水が溜まる部分に茶色の汚れが付着しちゃいました。
 
汚物がついたから汚れたというワケではなく、どう見ても菌っぽいんですよね、これが。
 
便器の表面に菌が繁殖してついてしまった汚れっぽいのです。
 
なので、アクアセラミックだからと言って、便器の中が汚れにくいっていうだけで、お掃除しなくて済むというわけではなかったのです。
 
洗剤が必要なアラウーノと比較すると、洗剤を使わないアメージュくんのほうがお掃除の回数は多い・・・。
 
アクアセラミックだから「こすっても汚れが落ちない」ということはなく、ツルンッと落ちるんだけど、アラウーノよりお掃除回数は必要です。
 
でもまー、アメージュzaは
便器の内部に関しては洗剤が不要なわりに、陶器の便器より回数も少なくて済むし

汚れもさっと簡単に落ちるので、コストパフォーマンスは良い便器だと思います。
 
中性の洗剤しか使えないし(酸性やアルカリ性の洗剤はNG)、研磨剤の入ったブラシや硬いブラシは使えない仕様のトイレですが
 
使わなくてもキレイに汚れが落とせるので、その点はgoodです。

フチレスだとデメリットなし!?

便器にね。溝がないのって、本当に画期的です~~。
 
フチレスのトイレは、いい!
 
便器の溝に尿石ができることもないから、トイレクイックルでさささ~と拭くだけで簡単に汚れが落ちちゃいます。
 
陶器のトイレだったら、さささ~なんでありえないでしょう?
 
ブラシでゴシゴシこすらなくちゃ取れない・・・。
 
割り箸にティッシュペーパーを巻いて輪ゴムをつけるっていう松井棒を駆使して、ゴシゴシしたりね。
 
便器に溝があると、本当に厄介で面倒でしょう?
 
逆になんで今まで、フチというか溝がなくちゃいけなかったんだろうと思うくらい、フチレスは斬新なアイデアだと思う。
 
尿が飛び散っちゃう可能性があるから、受け止めるようなデザインにするしかなかったのかな?
 
うちにあるもう1つのトイレ、アラウーノくんもフチレスなんだけど、飛び散るようなことはないし、汚れもこびりつかなくて、お掃除もしやすい。
 
トイレを選ぶなら絶対フチレスがいいと思いますよー。

アメージュzaについてのまとめ

アメージュzaは、アクアセラミック加工がされたフチレストイレなので、お掃除は楽です。
 
陶器の便器と比べると、汚れが付きにくく落としやすいので、お掃除の回数は少なくて済みます。
 
洗剤が不要というのも、嬉しいポイント!
 
だけど問題なのは、タンクと便座のフタの部分。
 
プラスチック製だから、とってもデリケート。取り扱いに注意が必要です。
 
ぬれている雑巾で拭かないとキレイになりません。
 
トイレクイックルでは拭きムラができてしまうので、見れたものではない・・・残念な仕上がりになります。
 
その上、ホコリがつきやすいのでお掃除しないわけにもいきません。
 
だから「アメージュzaはお掃除が楽?」って聞かれたら、
 
アメージュくんは、便器は優秀。
 
けどタンクと便座のフタの掃除が楽じゃない。むしろ大変ってこたえます。
 
しかも、アルコールの成分が入っていないトイレクイックルじゃないと変色の可能性もあるので、経済的でもない・・・。
 
アラウーノの便座のフタは、ホコリも付きにくし、トイレクイックルで拭いてもムラなんてできません。
 
なので、お掃除のしやすさ、メンテナンスの費用から考えて、主婦に優しいのはアラウーノ。
 
アラウーノがいいと思います。
 

おまけの話

アメージュくんは、手がかからない子だと思ったのに、ななおの想像をはるかに越えてデリケートで扱いづらい子でした。
 
けどね。
 
人間と同じなのかな~?
手がかかる子なんだけど、アメージュくんのほうが可愛かったりします。
 
トイレを可愛いというのも、なんか変な話なんですが・・・
 
デザインというかフォルムというか、たたずまいというか。
 
独特なんですよ。
 
個性的な形をしているので、好き嫌いの好みがはっきり分かれるトイレだと思うんだけど、ななおは結構気に入ってたりします☆
 
 

 
 

スポンサーリンク

 
 


 
関連記事とスポンサーリンク