トイレ掃除道具イラスト

トイレの便器内の掃除、どうしていますか?
 
ななおは、素手で便器内を雑巾を使って掃除していたんですが、お掃除したあと、雑巾を除菌漂白するのが面倒で、トイレ掃除をするのがイヤに・・・( ̄. ̄;)
 
そこで、ブラシの部分を使い捨てできるジョンソンのスクラビングバブル シャット 流せるトイレブラシを買ってみました☆
 
今回は、流せるトイレブラシを使ってみた感想を口コミしていきます。
 
 
使い捨てできるスクラビングバブルのトイレブラシを使ってみたいけれど

  • 本当にブラシ部分を流してもつまらないの?
  • ホルダーは便器の水につかるよね!?どうしてる?
  • 便器の奥までキレイに掃除できる?

 
と、気になっている方の参考にしていただけると嬉しいです(*´∇`*)
 

スポンサーリンク

 

スクラビングバブルの流せるトイレブラシ口コミ

スクラビングバブルのトイレブラシ。箱の中身は?

ななおが買ったのはこちら。
ジョンソン スクラビングバブル シャット流せるトイレブラシです。
 
流せるトイレブラシの写真
中をパカッと開けると、これだけのものが入っていました。
 
使い捨てのトイレブラシ箱の中身
・ホルダー(本体)
・スタンド
・説明書
・ブラシの詰め替え

スクラビングバブルのトイレブラシの見た目は?

トイレブラシの本体を組み立てて、スタンドに乗っけてみると、こんなかんじです。

ジョンソン 流せるトイレブラシ本体の画像

むむ。あまりカッコよくないですね。( ̄. ̄;)
 
あと、思った以上に大きくてビックリしました。
 
全長50cm。大きいはずです。

流せるトイレブラシ。どこに収納する?

まず最初に迷ったのは、この流せるトイレブラシの本体をどこに収納しよう?ということ。
 
大きいから存在感がある・・・。かといって、おしゃれではない・・・。
 
白×青のデザインなので清潔感はあるけれど、見た目はちょっと残念なかんじなので、トイレの中にそのまま置いておくのには、躊躇します。
 
とはいうものの、全長50cmのものを収納する場所がないので、迷った挙句、いったんトイレの中に置いておくことにしました。

使い捨てブラシってどうなってるの?

使い捨て替えのブラシ写真
使い捨てのブラシ部分をパッケージを、びりっと破って開けるとこのように、ブラシが合体して入っています。
 
何の臭いなんだろう?
 
洗剤付きのブラシなので、パッケージを開けた瞬間から、洗剤のきつい匂いがします。
 
「香り」とうより「匂い」。
この匂いは人によって好き嫌いがあるかもしれません。
 
パッケージはいったん破ってしまうと、ジッパーがないので、保存する時は別の袋に入れ替えるか、専用の容器を準備したほうが良さそうです。
 
匂いがキツイですし、湿気ることはないかもしれないけど、ちゃんと包んだほうが良いような気がしちゃいます。
 
あと、使おうと思って引き離そうとすると、かなり頑丈にくっついているのでとりにくい。
 
個別包装か、ジッパー付きの袋だったら、便利なのにな~って思いました。
 
でもね。
このブラシ、洗剤つきなんですよ!
流せるトイレブラシの写真

「汚れを落ちやすくする洗剤」と「汚れを付きにくくする洗剤」がついているんです☆
 
ということは!
あえて洗剤をつけてゴシゴシする必要がないので、他の洗剤を買う必要がないんです~。
 
トイレには、あまり物を置きたくないのでこれは嬉しいです(*´∇`*)
 
しかも中性洗剤なので、フッ素加工や樹脂加工してあるような今どきのトイレにも安心して使えますよ☆

流せるトイレブラシ。トイレの中で落ちない?

本体の先にブラシを挟んで、青いつまみを操作すると、パックとブラシをつかんで、パッと挟んでくれます。
 
面白い(*´∇`*)
めちゃめちゃ良く考えられています☆
 
本体が使い捨てブラシをつかんだところ

ブラシを手で引っ張ってもとれないので便器の中を掃除している途中で、ブラシが外れるということは、よっぽどないと思います
 
いったん本体にブラシ部分を、はさんでしまえば、そうじ後の汚いブラシを手で触らなくても良いというのが、主婦には大助かりです~(*´∇`*)

スクラビングバブルのトイレブラシ 使い勝手はどう?

便器の中の水にブラシをつけると、便器内の水の色が、ブラシについている洗剤の色、水色になりました。
 
なので、水が溜まっている部分の汚れがまったく見えない・・・。
 
手探りというか感でお掃除するしかないのが、ちょっと残念です。
 
「これでキレイになったはず」と思って、水を流しても、汚れが落ちていなかったり・・・します。
 
なので、キレイに落ちたことを確認してから、ブラシを捨てたほうが良いと思いました。

流せるトイレブラシは流してもつまらない?

実際に使っているトイレのメーカーさんに確認したところ

「詰まる可能性があるから流さないほうが良い」

と、言われたので、ななおは流していません。
 
それじゃぁ、「流せるのに意味がないじゃん。」とも、思うんですけどね・・・。
 
うちのトイレは節水型のトイレで
とても詰まりやすいので怖くて流せないのです。
 
その理由はこちらの記事に書きました。
→ 流せるトイレブラシは詰まる?トイレメーカーに問い合わせた結果

で、どうしているかというと、便器の掃除をし終わった後、トイレブラシの水を便器の中でしっかり切って
 
ビニール袋に入れた後、念のためもう1つビニール袋に入れて、二重にしたあと、ゴミ袋に入れています。
 
流せるトイレブラシでお掃除する日は、ゴミ出しの前の日にすると決めているので、流せるトイレブラシを入れたゴミ袋はスグ縛り、外に放置。
 
翌日にはゴミに出してなくなっている、というかんじです。
 
トイレの便座やタンクは、毎日トイレクイックルで掃除していますが、便器内は週1回だけ、やっても2回で済んでいます。
 
本当は毎日やったほうがいいんでしょうが、使い捨てのブラシは1個25円くらいするので、バカにならないんですよ・・・。
 
便器内の見た目がキレイであればOKとゆるくしちゃっています。
 

スポンサーリンク

便器の奥も掃除できる?

便器の奥の方まで手をつっこんで掃除をするのって、ちょっとイヤですよね?
 
掃除した後、きれいになるので、やりがいはあるんですけど、できればやりたくない。
 
だけど、このシャットの流せるトイレブラシの本体は、長くて細いのでスイスイ~と便器の奥まで入ってくれるて超便利!
 
しかも!
普通のブラシと違って、紙っぽいブラシだからか、水ハネがない!
 
水ハネを気にしながら、お掃除しなくても済むので、めちゃめちゃ気が楽です~。
 
たまに本体が便器にあたってコツッと音を立てると、

「傷ついていないかな?( ̄. ̄;)」

と心配になるけど、それは他のトイレブラシでも同じですからね。
 
あと、便器の奥のほうまで掃除しようとすると、どうしても本体のホルダー部分に水がついてしまうんですよね・・・
 
これももう、どうしようもない!と、割り切るしかないなぁ?
 
掃除道具が汚れるか?手が汚れるか?
もしくはゴム手袋が汚れるか?
 
どれかは汚水に浸かっちゃいますよね・・・
 
今のところ、ななおは掃除し終わったあと、トイレクイックルで念入りに流せるトイレブラシの本体を拭いています。
 
その後、消毒用エタノールと水を薄めたエタノールスプレーをシュッシュして、消毒除菌しています。
 
これで雑菌がいなくなっているのか?
ちょっと分からないですけど、やらないよりはいいかな・・・と。

使い捨てのブラシで、清潔さはキープできる?

毎日ではなくても、週に2~3回程度の頻繁で、お掃除しているトイレの汚れだったら、ブラシ部分に汚れにちゃんとあたれば、楽にキレイに落ちます。
 
だけど、こびりついてしまっている頑固な汚れは、取れなかったです。
 
結局ななおは雑巾で落としました・・・。
 
ただ、流せるトイレブラシには、汚れをつきにくくする洗剤がついているので、頑固な汚れを落とした後は、汚れがつきにくいかんじがします。
 
汚れを落としてしまった後は、今のところ便器内は1週間に1度お掃除しているけど、汚れが落ちない・・・とかんじたことはありません(*´∇`*)

スクラビングバブルを使っている人の口コミ

流せるトイレブラシのコスパは?

ブラシ部分だけとはいえ、使い捨てとなると、気になるのはお値段とコスパですよね。
 

流せるトイレブラシ 本体 ブラシ4本付
 
amazonでは、本体と詰め替えブラシ4個ついたものが936円で売っています。(2018年6月12日現在)
 
ななおは近所のドラッグストアで、もう少し安く買ったような気がするので、ドラッグストアやスーパーで買ったほうがお得かもしれません。
 
詰め替え用はamazonで買うとお得です☆

流せるトイレブラシ 付替用24個セット
 
24個入りで590円。(2018年6月12日現在)
1個当たり約24円です。
 
1週間に1回お掃除すると、月に4つくらい必要。
 
1箱には24個入っているので、約6ヶ月分で600円です。
 
月に100円なので、まめにトイレブラシを買い換えるより、コスパは悪くない。むしろ良いと思いました!(*´∇`*)

流せるトイレブラシの口コミ まとめ

今日はジョンソンのスクラビングバブル シャット 流せるトイレブラシのご紹介をしました。
 
今まで雑巾を使って素手で便器の中を掃除していたななおが思ったことをまとめますね。
 

▼ 使い捨てトイレブラシの良いと思ったところ

  • ブラシ部分が使い捨てできるのは便利
  • ブラシをトイレに放置する必要がないから衛生的
  • トイレ用洗剤を別に買わなくてもすむ
  • 本体が細くて長いから置くまでスイスイ届いて嬉しい

 
▼ ちょっと残念なところ

  • 便器内が洗剤の色に染まるので汚れが把握しにくい
  • ブラシ部分をトイレに流すと詰まる可能性が否めない
  • 本体部分が汚水に濡れてしまうので不衛生
  • デザインがイマイチで思った以上に大きい

 
便器の中に素手を入れなくても、トイレ掃除ができる!っていうのは、すごく嬉しいです☆
 
汚れたブラシをトイレに放置しなくても済むので一石二鳥。
 
あと、本体部分を目立たないように収納できたら合格点かな~と思うので、収納法を考えてみたいと思います。
 
よいアイデアが浮かんだら、こちらのブログに投稿しますね☆
 
 

 
 

スポンサーリンク

 
 


 
関連記事とスポンサーリンク