スポンサーリンク

荒木飛呂彦の原画展
荒木飛呂彦の先生の原画展

 
大阪天保山で開催中の「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」に家族でいってきました~!

ということで、今回の記事では、ジョジョ展の感想を語らせていただきます(*´∇`*)
 

 

スポンサーリンク

ジョジョ展の内容と感想

ジョジョ展の会場
大阪文化館(海遊館の隣)

 
ジョジョ展のチケットは、土日祝日と年末年始の期間は、完全日時指定制になっているので、事前に入手。
 
10時から会場できるチケットだったので、9:30ごろに並び始めたんですが、既に長蛇の列ができていてビックリ~!
 
待っている間に、音声ガイドの貸し出し案内をスタッフさんがされていました。
 
音声ガイドのプレイヤー本体の貸し出し料金は1人550円。
いつもなら展示されている説明文をじっくり読めば、いいや、なんて思って音声ガイドは借りないんですが・・・。
 
今回は1台借りました!
 
なぜかというと、荒木飛呂彦先、本人がお話しされているからです~(*´∇`*)
 
展示物の近くに番号が記載されていて、プレイヤー本体の番号を押すと、荒木飛呂彦先生が解説がはじまるようになっているのです☆
 
先生が解説されなかったら、借りませんでしたが、借りてよかった!
 
どういう気持ちで書いたのか、なんていう先生の心境が聞けるので、とても貴重です!
 
 
いざ、入場してみると、そこには荒木飛呂彦先生が実際に描かれた原画たちがお出迎えしてくれるのですが、圧倒的なジョジョの世界にグイッと引き込まれちゃいました!
 
ジョジョ展は8つの展示室がありますた、どれもこれも記念として写真に収めたい展示物がかり!
 
けど、撮影可能場所がないので、無念・・・。
 
印象に残ったコーナーについてご紹介します(*´∇`*)

ジョジョクロニクル

1部から8部に到るまでのストーリーと登場人物について紹介されています。
 
実は・・・わたしはアニメで放送されているジョジョしか見たことがなく、5部までしか知りません。
 
なので6部以降のキャラクターたちは、誰が誰だか分からないんですが、登場人物がイキイキと描かれているので、一気にその魅力に引き込まれました☆

宿命の星 因縁の血

歴代の主人公と各部のボスキャラに関する紹介とともに原画が並ぶコーナーです。
 
聞いたことがある有名な台詞が垂れ幕になっているので、クスっと笑っちゃいました(*´∇`*)
 
原画には余白部分に、指示の書き込みが手書きでされていたり、修正ペンの跡が残っていたり。
 
普段では見ることができない、裏の一面が垣間見えて、こうやって手作業で出来上がっていくんだ・・・としみじみ思いました。

スポンサーリンク

スタンド使いはひかれ合う。

歴代のスタンド使いとスタンドがパネルになって登場します。
 
エンヤ婆、ホル・ホース、オインゴ・ボインゴブラザーズなど、好きなキャラクターを探しだして、「あ~!いたいた!」なんて、子供たちははしゃいでいました☆
 

JOJO’S design

カラーの表紙など、カラーの原画がずらっと並んでいました。
 
色彩が鮮やかで、キレイで独創的。
 
うっとりしちゃいます。

裏切り者は常にいる

歴代のボスとの決着シーンの原画が飾られています☆
 
このコーナーがいちばん混んでいて、待っても待っても進まないほど人気でした!

大型書き下ろし原画

荒木飛呂彦先生がJOJO展のために描き下ろした新作の大型原画が全12枚、ズラリとならんでいます~。
 
まさに圧巻。
 
等身大サイズなので、キャラクターがそこにいるような不思議な気持ちになりました!
 
本当に手書きしているの?と、疑いたくなるほど、信じられないくらいのできばえ!!
 
なんですが、荒木飛呂彦先生が実際に1人で製作されている様子がドキュメンタリーの動画として配信されているので、さすが!と驚きの目で見入ってしまいました!
 

JOJO展のグッズコーナー

さいごにJOJO展のグッズコーナーがあります(*´∇`*)
 
もうどれもこれも欲しいものばかりで、いくらお金があっても足りません・・・。
 
高校生の長男は、目をキラキラ輝かせて全部欲しいと言っていました!
 
その気持ちは分かる・・・分かるけど、先立つものがないのですよ・・・。
 
長男の誕生日は8月だけど、ずっとJOJO展で誕生日プレゼント買ってくれ~と言われ続けていたので、頑張って奮発しましたよ☆
 
買ったものは、大阪のジョジョ展で販売されていた全9種類のポスターです。
 
悩みに悩んだ挙句、全部お買い上げさせていただきました(*´∇`*)
 
 
◆ 3部のポスター


 
 

グランフロント大阪 メルセデス ミー

メルセデスミーとジョジョのコラボ☆
ドドカーが見れます~。
 


 


 
カフェもあり☆

OWSON

スポンサーリンク

4部のジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない、第17話で登場した、幽霊の出る小道の脇にあるコンビニ「OWSON(オーソン
」。
 
今回の「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の大阪会場開催を記念して、難波にOWSON店舗が期間限定で登場しています(*´∇`*)
 

ジョジョ展のチケット

ジョジョ展のチケット
ジョジョ展のチケット

 
 
ジョジョ展の開催日時は、2018年11月25日~2019年1月14日まで。
 
1月2日に行く計画を立てていたので、事前に入手してから向かいました☆
 
土日祝日と年末年始の期間は、日時定制で、当日券の販売はないので、これから土日祝日に行こうと思われている方は、ホームページで詳細を確認してから事前に入手して置いてください☆
 
入場料は、一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円。
 
中学生以下は無料ですが、中学生は学生証などの提示が必要です。
 

◆ JOJO展公式ホームページ

JOJO展 チケット入手に関する情報

 

ジョジョ展の開催場所

開催場所は、大阪文化館・天保山。
 
海遊館の隣なので、すぐ分かると思います☆
 


 
ジョジョ展が終盤に差し掛かった1月2日。
しかもお正月ど真ん中なので、開催時間の10時のチケットを購入していたので、もしかしたらそんなに人は居ないかも?なんて思いながら・・・
 
停めようと思っていた海遊館の駐車場に停めれなかったら困る!と思ったので、駐車場が開く朝8:00に着くように行きました!
 
海遊館の駐車場は、1日2,000円。
 
ちょっと離れると、1日800円という駐車場もありましたが・・・
 
JOJO展を満喫した後は、海遊館に隣接する海遊館マーケットプレースでお食事して、海遊館にも行くつもりで、疲れることを想定していちばん近い海遊館の駐車場に停めました。
 
海遊館の駐車場は、とても広かったので朝イチで滑り込まなくても余裕で停めれました(*´∇`*)
 
夜行っても素敵です

まとめ

今回の記事では、大阪文化館・天保山(海遊館となり)で開催されている「荒木飛呂彦原画展JOJO 冒険の波紋」の感想をお届けしました☆
 
小学生くらいの子も沢山いましたが、やはり来ていたのは大学生以上の方が多かったな~という印象です。
 
うちの5年生の次男も、好きなキャラクターの前では立ち止まっていましたが、説明文なんて読まないので、すすす~と通り過ぎていくかんじで、時間をもてあましていました。
 
原画を見に来ているというよりは、美術館にいるというような感覚に陥ってしまうほど、素晴らしく素敵なものばかりだったので、もっとじっくり見てほしかったし、私自身も見たかった。
 
とはいっても!
遊び心満載のジョジョ展!家族で楽しみましたよ(*´∇`*)
 


近くだったら、1人でもう1回見に行きたいくらいです☆
 
 

 
 

スポンサーリンク