スポンサーリンク

海遊館
海遊館内でお食事できるのは2ヵ所だけです。

 
家族で海遊館を訪れたら、是非食べてほしい~!
子供が喜ぶ☆海遊館内でのおすすめの食べ物
海遊館周辺のお食事どころ&ランチスポットをご紹介します(*´∇`*)
 

 

スポンサーリンク

海遊館内でお食事するなら!おすすめの食べ物!

海遊館の中でお食事できるのは、2階のドリンクスタンド SEA SAW(シーソー)。
 
4階のカフェ マーメイドの二ヵ所だけ。
 
休日のランチタイムにお食事しようと訪れると待ちは必死です。
 
でも、海遊館限定でしか食べれない「ジンベエソフト」や、巨大なチンアナゴドッグなどユニークな食べ物があるので、目でも楽しめておすすめ。
 
時間がゆとりを持たせて、是非立ち寄ってみてください(*´∇`*)

ドリンクスタンド SEA SAW(シーソー)

まずご紹介したいのは、ドリンクスタンドSEA SAW。
 
SEA SAWは、海遊館エントランスビル2Fにあります。
 
おすすめの商品をご紹介しますね。

ジンベエソフト

ジンベエザメをモチーフにしたソフトクリームです(*´∇`*)
 
お値段は400円
 
お店の概観はこんなかんじ。
 


 
ジンベエソフトだからと言って、お味はジンベザメ味ではありません(笑)
 
「ラムネ」と「バニラ」味になっています。
 


 
ジンベエソフトっていうネーミングだけで、子供はテンション上がって喜んでました☆

くらげ藻塩ソーダ

View this post on Instagram

ジンベエソフトとクラゲ藻塩ソーダは外せませんね 写真は見づらいですが、ソーダにはクラゲ入りゼリーがぷかぷか。 . 娘は昨年遠足で海遊館に来たことがあるのですが、ゆっくり観られなかったというので 本日かなりゆっくり回りました! スタンプ帳を購入して二周しています 私もリニューアルしてからは初めてなので すごく楽しかったです 以前いたジンベエザメ、もっと大きかった気がします… 今いる子たち、おおきくなーれ #海遊館 #ジンベエザメ #マンボウ #ペンギン #ジンベエソフト #クラゲ藻塩ソーダ #海遊館探検隊 #すたんぷノート

poppoさん(@poppo_tea)がシェアした投稿 –


 
ゼリーがプカプカとソーダ内を漂っています~(*´∇`*)
 
ストローでつつくのが楽しい。

ジンベエラテ


 
この演出は子供だけでなく、大人も嬉しい~!!癒されます。
 

カフェ マーメイド

つぎにご紹介するのは、カフェマーメイド。
カフェ マーメイドは4階にあります。

ジンベエパン


 
ジンベエにそっくりのメロンパン!
 
メロンパンって子供大好きですよね。その上ジンベエになっているのですから、子供の目に留まること間違いなし☆。
 
緑色のカスタードクリーム味は、マーメイドで販売。
 
青色のミルククリーム味は、SEA SAW(シーソー)で販売されています。
 
大きさは、縦約17センチ・横約13センチ、厚さ約3センチ。
 
結構なボリュームです。
 
お値段は430円(ドリンクまたはソフトクリームといっしょに買うと400円になってお得。)
 
食べるのがもったいないできばえ☆

チンアナゴドッグ

チンアナゴドッグは、ふつうのホットドックの3倍ほどの大きさで長さ40cm!!
 
食べごたえがあります(*´∇`*)
 
お値段は600円。
 


 


 
ジンベエパンのように、ホットドッグ自体がチンアナゴにそっくりなわけではなく、ホットドッグがのっている箱がチンアナゴになっています。
 
その長さは、なんと40cm!
通常のホットドッグの約三倍もあるんですよ~!
 
小腹が空いた時に、家族で取り分けていただけます(*´∇`*)

海遊館周辺でのお食事なら、天保山マーケットプレース


天保山マーケットプレースは、海遊館の隣に併設されている大型商業施設です。
 
店内には、フードコート、レストランが充実しているので「海遊館のお店が混んでてお食事できない!」なんていうときや「がっつり食べたい!」という時は、天保山マーケットプレースがおすすめ☆
 
昭和40年前後の大阪の街を再現した「なにわ食いしんぼ横丁」には関西の名物品や老舗の味が終結しています~!
 
海遊館は、再入館可能なので、いったん海遊館を退場して、天保山マーケットプレースでお食事を楽しんできてください(*´∇`*)
 
海遊館の出口で受付のお姉さんに、手に透明な蛍光スタンプを押してもらって、再入場する時に、ブラックライトでスタンプが確認できればその日何度でも再入館可能です。

スポンサーリンク

自由軒

天保山なにわ食いしんぼ横丁にある「自由軒」。


web限定のクーポンありますよ~。
自由軒のwebクーポンはこちら
https://www.kaiyukan.com/thv/marketplace/shop/072/

北極星

天保山なにわ食いしんぼ横丁にある「北極星」。
概観はこちら
↓ ↓


 
北極星は、大正11年に洋食焼、大正14年にオムライス、昭和12年にホルモン料理を考案したという大阪の老舗お食事どころです。
 


 
天保山店以外にも北極星はありますが、天保山店でしか食べることができない限定メニューがおすすめです(*´∇`*)
 

丼丼亭

丼丼亭はフードコートにあります。

天丼とうどんのセット
「天丼」と「うどん」のセット

 
リーズナブルなのに、ボリューム満点なので、家族で取り分けて食べれますよ(*´∇`*)

帯広豚丼・つけ麺「炭焼 甚平」

炭焼 甚平はなにわ食いしんぼ横丁にあるんですが、フードコート内でも食べれます☆
 
食べたい物が家族でバラバラでも、大丈夫!
 

豚丼
究極の豚丼

北海道帯広名物の秘伝のたれを使って、炭火で仕上げた「極・豚丼」。
しっかりたれがしみ込んでて美味しかったです(*´∇`*)
 
ローストビーフ丼
ローストビーフ丼

私が住んでいる岐阜県の大型ショッピングモールのフードコートでは見ることができないローストビーフ丼!
 
ローストビーフがぐるぐると巻かれて山のようになってます。
 
温泉卵がついていたのですが、頂点がくぼんでいないので、ちょっとへこませていただきました(*´∇`*)
 
豚骨ラーメン
豚骨ラーメン

 
たぶん「つけ麺」がメインのお店だと思うんですが、うちの子はつけ麺に慣れていないので、定番の豚骨ラーメンをいただきました☆
 
美味しい~といいながら、あっという間に1人で完食しちゃった(*´∇`*)
 
 

まとめ

スポンサーリンク

今回の記事では、「海遊館内でおすすめの食べ物」と「海遊館周辺のお食事どころ」をご紹介しました!
 
ここではご紹介できませんでしたが、天保山マーケットプレースの中には沢山の飲食店が入っています~。
 
ちょっと疲れたときには、海遊館内でしか食べれないユニークな食べ物をいただきながら休憩を。
 
がっつり食べたい時には、海遊館をいったん退場して、天保山マーケットプレースまで足を伸ばしてお食事する、というスタイルがおすすめです。
 
足を伸ばすといっても、海遊館と天保山マーケットプレースは、至近距離なので苦になりませんよ。
 
海遊館を訪れたら、ぜひ「食」でも楽しんで来てくださいね☆
 
 

 
 

スポンサーリンク