お風呂にシャンプーは置かない!銭湯方式にしてよかったと思うこと
スポンサーリンク

シャンプーやリンスのボトル。お風呂にいくつありますか?

好みの香りや洗い心地の良さは人それぞれ。

家族の人数が多いと、どんどんボトルの種類が増えて、ごちゃごちゃしちゃうんですよね。

で、気がついた時には、底がヌメヌメして、嫌な気持ちに・・・

そこで我が家では、断捨離提唱者であるやましたひでこさんの真似をして、シャンプーなどを置かずに持ち込む銭湯方式を採用しました!

今回の記事では

  • 銭湯方式とは?
  • 銭湯方式にして良かったこと、残念だったこと

を、お伝えしていきます。

もしそれはいい~と思ったら、お風呂にシャンプーを置かない生活はじめてみてくださいね(*´∇`*)

スポンサーリンク

お風呂にシャンプーを置かない銭湯方式生活はじめました!

銭湯方式とは?

銭湯ののれんとおけ

今どきのスーパー銭湯には、シャンプーやリンス、ボディーソープなどが常時置かれていることがほとんどですよね。

でも昔ながらの銭湯は、自分が使うものをお風呂に持ち込んで使っていたんですよ。

そして使い終わったら、水滴を拭いて持って帰っていたんです。

で、銭湯方式とは、我が家にいながらお風呂で使うものを、持ち込むというスタイルのことです。

我が家では、お風呂に必要なモノは、必要な時に、必要な人が、必要なだけお風呂に持ち込んでいます

お風呂に常時あるものは、お風呂の蓋、お風呂を洗うスポンジ、お風呂の椅子、洗面器だけです。

お風呂にシャンプーを置かないメリット

お風呂にシャンプーを置いていたころ

我が家のバスルームには、お風呂の蓋、お風呂の椅子、洗面器、シャンプー、リンス、トリートメント、固形石鹸、お風呂用の洗剤、ブラシが置いてありました。

が、シャンプー、リンス、トリートメント、固形石鹸、お風呂用の洗剤、ブラシをお風呂に置かないようにして、持ち込む銭湯方式に切り替えました。

銭湯方式をやってみたかんじたメリットは、3つです。
 

  • バスルームがすっきりする
  • 掃除しやすい
  • 衛生的

バスルームがすっきりする

シャンプー断捨離後

シャンプーなどを置かないようにしてから、我が家のバスルームに常時置いてあるのは「お風呂の蓋」「お風呂を洗うスポンジ」「お風呂の椅子」「洗面器」だけ。

置くものがなくなったので、ワイヤーの棚を撤去しちゃいました。

その結果、見た目すっきりです。

我が家は7人家族。
それぞれが気に入ったシャンプー、リンス、トリートメントをバスルームに置いていたら、大変な量になってしまって、ごちゃごちゃ。

とてもすっきりなんてしません。

それで、新築する時に、収納場所がないと困ると思って、メーカーのオプション品で、ワイヤーの棚を1箇所8000円くらい取り付けてもらったんですが、うちには必要なかったです。

撤去して正解だったから。

ちなみに、やましたひでこ先生は、お風呂の蓋も撤去されていますが、わたしは使っています☆

掃除しやすい

棚を取った後のお風呂掃除

バスルームに色々な物を床や台に置いている時は、とても毎日移動させてお掃除なんてやってられませんでした。

でも今は、床にも台にも棚にも、何も乗っていないので、お掃除しやすいです☆

「モノをどかす」という手間がないだけで、楽になりました。

洗剤で洗った後は、きれいにお湯で流して、タオルでふき取り、換気扇を回すので、じめっとした梅雨の時期でさえカビ知らずです(*´∇`*)

衛生的

毎日シャンプーやリンスのボトルをどかして、床を洗い、ボトルの底を洗ったあと、しっかり乾燥させていれば、カビが生えることもスイだろうし、ボトルの底がヌメヌメすることも、少ないでしょう。

でも、湯船は毎日洗っていても、ボトルをどかさない日が続いたりすると、いつの間にかカビが生えたり、水垢が付いたり、ボトルの底がヌメヌメになってしまいますよね・・・。

でも、銭湯方式すると、床には何もない状態なので、毎日床は洗えるし、換気扇をつけておけば、しっかり乾燥するので、カビが生えにくくなりました

また、お風呂で使い終わったシャンプーボトルなどは、ざざっとシャワーで洗い流した後、水気をふき取ってから収納しているので、ヌメヌメになることもなくなりました~!

スポンサーリンク

お風呂にシャンプーを置かないデメリット

ではつぎに、わたしが感じたデメリットを紹介します。

◆ デメリット
  • 持ち込むのを忘れてしまう
  • 水気をふき取るのが面倒

 

持ち込むのを忘れてしまう

銭湯方式に慣れる前までは、お風呂に石鹸やシャンプーを持っていくのをうっかり忘れて使おうと思った時に「ない!」と気づくことが何度かありました。

ただ石鹸やシャンプーは、洗面所に置いてあるので、忘れてしまったとしても、取りにいけばいいだけ。

近くにあるので、たいしたことではありません(*´∇`*)

水気をふき取るのが面倒

今までシャンプーなどのボトルについた水気をふき取るなんていうことは、したことがなかったので、はじめのうちは「水気をふき取る」ことが面倒でした。

でも、自分が使ったボトルだけであれば、使い終わった後シャワーを流して、ふき取るだけ。

量もそれほど多くないので、すぐ慣れますよ。

銭湯グッズの収納場所

お風呂に持ち込むものはこちらに収納しています☆

  • 洗面所の棚に置いてあるストレージバッグの中
  • 三面鏡の裏

洗面所の棚に置いてあるストレージバッグの中

シャンプーやリンスなどのボトルは、使っていないときは、ダイソーのストレージバックの中に入れています。

洗面所のバスグッズ入れ

ストレージバッグであれば、中がぐちゃぐちゃでも中身が見えないのでOK☆

ちなみに、同じストレージバッグに洗濯洗剤やオキシクリーンも入っています。

他のストレージバッグには、タオル、雑巾、洗濯ネット、洗濯バサミを入れています。

ダイソーのストレージバッグはシンプルで男前のデザイン。

サイズも種類も豊富なので、使い勝手が良くおすすめです。

三面鏡の裏

固形石鹸を使っているので、石鹸だけは三面鏡の裏に片付けています。

三面鏡の裏置き場

セリアで蓋つきの石鹸置きを買いました!

お風呂に石鹸を置いているときより、石鹸が長持ちするようになりました。

また、床が石鹸水で白くなってしまっていましたが、そんなこともなくなり一石二鳥です(*´∇`*)

まとめ

今回の記事では、断捨離のやましたひでこさんおすすめのお風呂にシャンプーを置かない!

必要なときに持ち込むという、銭湯生活をはじめてよかったこと、残念だったことをまとめました。

銭湯方式にすると、すっきりして、お掃除が楽になって、清潔で衛生的になるので、主婦のストレスは軽減できて楽になります(*´∇`*)

ただ持ち込むという行為が、家族に受け入れてもらえるかが問題。

お風呂にシャンプーをはじめとして、何も置かない人、増えています~。

しばらく銭湯方式を試しみやってみて、あなたの生活スタイルに合えば、取り入れてください~。

もしお風呂にシャンプーを置くなら、棚や台の上ではなく、お風呂の壁にくっつけるだけでもお掃除が楽になります☆

壁にくっつくシャンプーボトルなら、見た目もバッチリ。

水垢・カビ対策になること間違いなしです。

 
 

スポンサーリンク