除菌用スプレーボトルのイラスト
ぱぱっと消毒や除菌したい時に便利な除菌スプレー。
 
お店に行くと消毒用、キッチン用、トイレ用、靴用なんて色々売っていますよね。
 
我が家でも、キッチン、ダイニング、トイレ、洗面所。ドンドン除菌スプレーが増えちゃってたんですけど

エタノール(アルコール)があれば、除菌スプレーが手作りできると知ってからは、自分で作っています(*´∇`*)
 
消毒用エタノールが1本あれば、濃度を調節して
 

  • 手指の消毒
  • 除菌消臭
  • 皮脂や手垢の汚れ落とし

手指の消毒だけでなく、清潔にしたいものをぱぱっと除菌できたり、お掃除にも一役たってくれる優れもの。
 
そこで、今回は消毒用エタノールを使った除菌スプレーの作り方と使い方をご紹介します。
 
 
作り方はとても簡単。
ぜひ除菌スプレーの手作りに挑戦してみてください~。
 
1分もあれば誰でもできちゃう上に、お店で買うより節約できますよ(*´∇`*)
 

スポンサーリンク

 

アルコール除菌スプレーの作り方~準備するもの~

では早速準備するものから、ご紹介します。
 
除菌スプレーを作るために必要なものは次の3つです!
 

  • 消毒用エタノール
  • スプレーボトル

では、順に説明していきます。

除菌スプレーを作るなら、消毒用エタノールと無水エタノールどっち?

エタノールはネットでも買えますが身近なところでは、薬局屋さんに売っています。
 
薬局に見に行くと、消毒用エタノールと無水エタノールがあるんですが2つの違いを分かりやすく説明すると濃度の違いです。
 
無水エタノールを水で70%くらいに薄めたものが消毒用エタノールです。
 
消毒用エタノールのほうが最初から水で薄まっている分、安いし(のちほど作り方を書きますが)除菌スプレーはエタノールをさらに水で薄めて作るだけ。
 
個人的には、どちらを買っても除菌効果も変わらないんじゃないかな~?と思っているので、ななおは消毒用エタノールで、除菌スプレーを作っています。

水道水と精製水、どっちがいいの?

スグ使い切ってしまうなら、水道水で十分です。
 
ただ多めに作って長期間使うなら精製水が保存が効くので良いですよ。
 
ちなみにななおは、100mlくらいずつくらい作るだけなので、水道水で作っています。
 
精製水は100円前後で売っているので使い切れるか心配なら、エタノールと一緒に購入してもいいかもしれませんね(*´∇`*)

エタノールを入れるスプレーボトルは100均で大丈夫?

スプレーボトルは、100均ので大丈夫です。
 
ただ園芸品コーナーに置いてあるスプレーボトルは、水専用のものもあるので薬品がOKなものを選ぶことがポイント!
 
サニタリーコーナーやお掃除コーナーにあるスプレーボトルだと洗剤用のものが置いてあります。
 
私は100均セリアで買った洗剤用のスプレーボトルを愛用していますが、問題なく使えていますよ。

セリアで買った洗剤用ボトル

除菌スプレーを手作りしちゃおう!1分できる☆アルコールスプレーの作り方

除菌スプレーの作り方は消毒用エタノール4:水6の割合でスプレーボトルに入れて、シャッフルするだけ、です。
 
ね?簡単でしょう?1分もあれば、誰でもできちゃいます。
 
4:6という割合は、あくまでも目安で、きっちりはからなくても大丈夫です(*´∇`*)
 
ななおは、手の消毒用として1本
お掃除&除菌用として1本
エタノールスプレーを作って常備していますが

消毒用は、手荒れしたくないので、消毒用は水の量を増やしてエタノール2:水8、くらいの割合でつくっています。
 
ちゃちゃっと作って、手がかさつくな~と思ったら、水の量をさらに足しています。(´~`ヾ)
 

手作り除菌スプレーの使い方

ではつぎに、どんな時に除菌スプレーを使っているかをご紹介します☆

除菌したい時

エタノールで作った除菌スプレーは揮発性が高いので、シュッシュするだけでも効果があります。
 
例えば・・・
●お肉や魚を切った後の包丁やまな板。
 
いくら中性洗剤で洗ったとしても、夏場は雑菌が心配ですよね?
 
キレイに洗ってしっかり乾かした後、スプレーしておけば除菌・消臭の効果がありますよ。
 
●子供の運動靴や上靴
 
内側にスプレーすると、消臭効果もあるから臭い対策にもまりますよ♪
 
●マスク
くしゃみした後、同じマスクを使うのって、ちょっとイヤですよね?
 
安く作れるので、気になったときにぱぱっとスプレーできます。
 
懐に優しいので経済的にも大助かりです(*´∇`*)
 

豆情報

消毒用エタノールの成分は、
基本的にお酒と同じ成分だから、調理器具や食器にも使えます☆

除菌スプレーを使えば、お掃除しながら除菌もバッチリ

お掃除したいときには、乾いたタオルやティッシュに除菌スプレーをシュッシュして湿らせて拭きます。
 
●ゴミ箱、三角コーナー、窓や鏡、ドアノブやスイッチ周り
 
●窓ガラス、下駄箱の棚板
 
●冷蔵庫や電子レンジ、電話など手垢や皮脂がつきやすい家電製品の表面の汚れ
 
※使用上の注意を守れば、ほどんどの場所でお掃除しながら、除菌できます。
 

消毒用エタノールの使用上の注意点

  • 火気厳禁。引火しやすいので火気に近づけないようにする
  • 家具、皮製品、ニスやワックスを塗ったもの、変色する場合もあるので、使用を控える
  • 汚れを落ちやすくするためにコーティングがしてあるトイレ
  • 揮発性なのでしっかりフタをしめて保管する
  • 子供の手のどこかないところに保管する

※そのほか
アルコール、エタノールでのお掃除が、禁止とされているものの使用はやめておきましょう~。

我が家で使っている消毒用エタノール

 
ななおが使っている消毒用エタノールはこちら。
 

消毒用エタノール500mL
 
amazonや薬局で、500ml500円以内で売っている安い消毒用エタノールです。
 
ちなみに無水エタノールだと

無水エタノール 100ml
100mlで1000円弱もします。
500mlじゃないですよ100mlです。
 
最終的に、水で薄めるだけなので消毒用エタノールでいいと思いますよ。
 
精製水は500mlで100円前後で購入できます。
 

精製水 500mL
 
 
手作りした除菌スプレーで、もし手がかさついちゃったら、ユースキンがおすすめ。

ユースキンA スタンディングチューブ
 
寝る前に塗っておけば、翌日にはふっくらやわらかくなっていますよ~。

まとめ

今日は1分で作れる!
消毒用エタノールを使った手作り除菌スプレーの作り方をご紹介しました☆
 
 

▼ 手作りで除菌スプレーを作ると・・・

  • 安くて沢山作れるから経済的
  • エタノールの量を調節できるから用途別に使い分けることも可能
  • アロマの香で楽しむことも☆
  • 消毒・除菌・お掃除として大活躍♪
     
    キッチン用、洗面所用、靴用なんていった具合に、用途別に除菌スプレーを買っていたときは、お金もかかるし、おき場所にも困っていました。
     
    消毒用エタノールがあれば、」濃度を変えて自分で簡単に除菌スプレーが作れるので、いろいろな除菌スプレーをあれやこれや買う必要がなくなりました~(*´∇`*)
     
    ウィルスやバイキン・・・目には見えないけれど、「アルコールで殺菌してる」と思えるので気分的に安心できるんですよね。
     
    ほら。
     
    子供が外で何を触っているか分からないし家に帰ってから手を洗っていても、ばい菌がいなくなるほど、きちんと洗えてるかどうか・・・分からないでしょう?( ̄. ̄;)
     
    あちこちシュッシュしています。
     
    消毒用エタノールが1本あれば、安くて簡単に除菌スプレーが作れます☆
     
    使用上の注意さえ守れば、色々なものが除菌できるので重宝しますよ~。
     
     

    ▼ こちらの記事もあわせてどうぞ~

    ●エタノールスプレーを使っている記事

  • 使い捨てのトイレブラシを使ったあとにエタノールスプレーで除菌殺菌☆
  • ●アロマオイルを使っている記事

  • アロマを使った手作り消臭剤の作り方☆トイレに置いた結果・・・