スポンサーリンク

冷蔵庫と壁の隙間
冷蔵庫と壁の隙間にたまった埃やゴミが取りにくい・・・

 
掃除機のノズルやモップでは入らないような冷蔵庫や洗濯機の隙間って、お掃除しづらいですよね・・・。
 
手の届く範囲でしかできないから、奥の方の埃(ほこり)やゴミは溜まる一方
 
どうにかしてお掃除したいけど、どうにもならない・・・。
 
そんな掃除しにくい隙間に溜まった埃を、簡単にからめとってくれるお掃除グッズを100均のセリアで見つけました!
 
その名は「取り替え スキマロングワイパー」
 
なんと!
5mm以上の隙間があれば、これ1つで色々な場所のお掃除できちゃうんですよ~!
 
今回の記事では、プチプライスなのに、超優秀な100均の隙間お掃除グッズ!
 
「取り替え スキマロングワイパー」をご紹介します。
 

 

スポンサーリンク

100均隙間掃除グッズ!洗濯機や冷蔵庫下の隙間の埃もしっかりキャッチ!

隙間お掃除グッズ

取り替え式 隙間ロングワイパー


 
今回100均のセリアで見つけた「スキマロングワイパー」は、市販のフローリングワイパーの取り替えシートを、巻いて差し込むだけで、狭い隙間や奥の汚れをしっかりキャッチして逃がさないワイパーです☆
 
 
スキマロングワイパーの全長は約55cm。
 
隙間ワイパーの全長

55cmと結構長いので、置き場所に困るかな?と思ったのですが、薄くてペラペラなので、置き場所を問わず困りませんでした(*´∇`*)
 
それこそ家具などの隙間、デットスペースに置けちゃいます。
 
 
市販のフローリングシートをつけるヘッドの部分の長さは約18cm。
 
幅は5cmで、薄さは2mm弱!
 
つまり2mmの隙間しかなくても、するすると入っちゃいます(*´∇`*)
 
隙間ワイパーのヘッド
 
持ち手となる柄の部分の長さは、約38ccm。
 
パッケージの袋から出してみると、真っ白で、ひょろひょろ・・・。
 
スキマワイパーの柄の部分
 袋から出した隙間ワイパー
 
ちょっと頼りなくみえますが、100均なので文句は言えません(*´∇`*)
 
白い壁に立てかけると、同化できて良いですね。

セリアのスキマロングワイパーの使用方法

隙間ワイパーの使い方

 
スキマロングワイパーの使い方は、パッケージに次のように記載されています。
 

  1. 市販のフローリングワイパー用取り替えシートを(約10mm×250mm程度)に折りたたむ可、カットしてください。
  2. 折りたたんだシートの中央部分に本品を乗せてください
  3. 本体を包み込むようにして左右3箇所ずつ差込口にシートを押し込みます。

 
※必ず本体の先端よりシートを余らせて装着してください。

 
ワイパーの差込部分に、取り替えシートをはさんで巻くだけで、OKです(*´∇`*)

セリアのスキマロングワイパーの注意事項

スキマワイパー注意事項
 
パッケージに書かれている注意事項の中から、特に気をつけなくてはいけないことを引用させていただきます。

  • 本品に強い力を入れると折れる場合があります。
  • 本体のプラスチックの部分をぶつけるとキズがつく場合があります。
  • シートを取り付ける際、指を挟まないようにご注意ください
  • シートをつけたまま長時間放置しないでください。
  • 本品が汚れたり異物が付着した場合は、付着した汚れや異物を取り除いてからご使用ください
  • キズつきやすいもの、キズがついて困る物には使用しないでください。

 

100均の隙間お掃除グッズを使ってみたレビュー【閲覧注意】

スポンサーリンク

スキマロングワイパーに取替えシートを装着してみた!

フローリングワイパー用の取替えシート
 
セリアで購入できるスキマロングワイパーには、シートが付属されていません。
 
なので、家にあったフローリングワイパーの取替えシート(大三株式会社)で、やってみました!
 
大三株式会社の取替えシートの大きさは、200mm×300mm。
 
取替えシートの大きさ
 
スキマロングワイパーに取り付けるシートの大きさは、約10mm×250mm。
 
半分に切って使うことにしました!
 
取替えシートを切ろうとしている写真
 
実際に切ってみると、なかなか上手く切れなくて一苦労。
 
牛乳のパックをジョキジョキ切れるはさみでも、切りづらかったです・・・。
 
取り替えシートを切り終わったところ
 
切り口がいびつになってしまいましたが、ワイパーの本体が包めれば、フローリングなどを傷つけることがないので、OKとします(*´∇`*)
 
また、スキマロングワイパーに取り付ける推奨のシートの大きさは、約10mm×250mm。
 
大三株式会社の取替えシートの大きさは、200mm×300mmと長さが50mm大き目のサイズなので、切らなくちゃいけないかなと思っていましたが
 
実際にシートの上にワイパーを置いてみると、大きすぎるということはなく、先端に余裕を持たせれるくらいのバッチリなサイズでした!
 
 
シートの準備ができたら、ワイパー本体にある差込口に、シートを差し込んでいきます。
 
隙間ワイパーの差込口
 
6箇所ある差込口に順番に入れていきましょう!
 
3箇所に差し込んでいる写真
 
グイッと押し込まないと、すぐに外れてしまいそうなので、グイっと押し込むと指を挟んでしまって、痛いです・・・。
 
注意しながら押し込んでください!
 
奥までしっかり押し込むと、(簡単な仕組みですが)しっかり挟み込んで、シートが外れないようになります(*´∇`*)
 
反対側を差し込んでいる画像
 
指を挟まずに、シートを奥まで挟むことが、わたしには難しかったです。
 
でも、ちょっと挟んでしまったくらいでは、怪我をしたり、耐えられないほどの痛みではないのでご安心を。
 
 
スキマロングワイパー用の取り替えシートは、大きさは100mm×300mmがベストサイズです☆
 
しっかり差し込み部分にシートを挟み込むためには、余裕を持って100mmは、ほしいと思いました。
 
それ以上短くなると差し込みにくいので、しっかりはさみこめず、外れやすくなります。
 
購入する時はシートの大きさをチェックしてからお買い求めくださいね(*´∇`*)
 
 
ワイパーの差込口6箇所全ての取り替えシートを挟み込めたら、完成です☆
 
スキマロングワイパー準備完了!

取替えシートを差し込み終わると、このような形になります☆
 
お疲れ様でした。

冷蔵庫周り(下、横)の隙間を掃除してみた

冷蔵庫と壁の隙間
 
冷蔵庫と壁の隙間。
 
手が入る手前の方はお掃除出来ても、手が届かない奥の方はお掃除できないし、掃除機のノズルを替えても入らないのです。
 
新築してから約2年間お掃除できないとあきらめていました・・・。
 
がしかし!
セリアのスキマロングワイパーは、スルスルと入っていくではありませんか~!
 
冷蔵庫と壁の隙間のお掃除①
 
しかも、奥までぐいぐいと突き進んで行きます!
 
これはスゴイ!
 
隙間ワイパーの角度を変えて、何回か奥まですべらせて見たところ・・・
 
冷蔵庫と壁の隙間のお掃除②

冷蔵庫と壁の隙間のお掃除③
 
閲覧注意!
 
 
 
ごそっと、ホコリ・ゴミが取れました~!
 
冷蔵庫と壁の隙間から出てきた写真
 
ホコリと髪の毛は、取替えシートにからまりついてきました。
 
あと、お米、砂のようにザラザラしたもの、ゴマ、ビーズのような小さな玉などのゴミが、かき出されました。
 
まさか、これほどのホコリとゴミがこの隙間に溜まっていたとは!
 
 
つぎに、冷蔵庫と床の隙間をお掃除に挑戦!
 
冷蔵庫と床の隙間のお掃除①
 
隙間ワイパーのハエたたきのようなヘッドの部分の大きさは、横幅約500mm、長さ180mm、厚さは2mmくらいです。
 
冷蔵庫と床の隙間は2mmくらいのようで、スイスイとワイパーは入っていきました~!!
 
しかし・・・
 
冷蔵庫と床の隙間のお掃除②
 
隙間ワイパーの柄の部分は5mmほど。
 
隙間ワイパーをもってしても、これ以上は冷蔵庫と床の隙間に入り込めません。
 
 
そこで、冷蔵庫のカバーを手前に引き、外して再挑戦しました~!
 
冷蔵庫と床の隙間のお掃除③
 
外したら、冷蔵庫の奥のほうまで難なく入りこめました~!
 
冷蔵庫と床の隙間のお掃除④
 
隙間ワイパーを右から左へと、何度か滑らせこれだけの量のゴミ・ホコリを取り出すことに成功しました!
 
冷蔵庫と床の隙間から出てきたゴミ
 
冷蔵庫の下のから、発砲スチロールの破片まで出てきました。
 
なぜ冷蔵庫の下に、これだけのホコリやゴミが入っているのか不思議ですが、これだけ取れると、やりがいがあります(*´∇`*)
 
ただこれだけ溜まってしまうと、掃除機をかけないと、どうにもこうにもなりません・・・。
 
ホコリはともかく、砂のようなザラザラとしたものやゴマ、お米など固形のものは、取り替えシートではからめ取れないので、掃除機できれいにしました!
 

洗濯機周り(下、横)の隙間を掃除してみた

洗濯機の横の隙間をお掃除する前の写真
 
洗濯機と壁の隙間は、掃除機のノズルを替えたら入らない場所ではないです・・・。
 
でも普段、お掃除ロボットのミニマルにお掃除してもらっているので、ほとんど掃除機をかけておらず、ホコリが溜まってしまっていました。
 
洗濯機と壁の隙間は、冷蔵庫と壁の隙間ほど狭くないので、隙間ワイパーを持ってすれば、お掃除は楽勝☆
 
洗濯機の横の隙間のお掃除①
 
洗濯機のホースの下にさえも、スイっと入り込んでくれます☆
 
洗濯機の横の隙間のお掃除②
凹凸があるところも、フィットしてくれるのは嬉しいです~(*´∇`*)
 
洗濯機と壁の隙間からは、これだけのゴミが取れました!
 
洗濯機の横の隙間をお掃除して出たホコリ
 
隙間ワイパーでお掃除した後は、こんなにキレイに☆
 
洗濯機の横の隙間をお掃除した後
 
つぎに、洗濯機の下にもトライ!
 
高さ10cmもないので、お掃除ロボットが入り込めない場所でも、隙間ワイパーは突き進みます(*´∇`*)
 
洗濯機の下の隙間のお掃除②
 
その結果、こんなにたくさんの物が洗濯機の下から出てきました!
 
洗濯機の下の隙間をお掃除して出たゴミ
 
毎日お掃除ロボットにお掃除してもらっているんですが、やはりお掃除していない場所というのは、これだけのゴミやホコリがたまるものなんだと、しみじみ思ってしまいました。
 
洗濯機の下から出てきたものは、髪の毛、ホコリ、粉洗剤のカス、ピン止め、靴下の片割れ、パンツ・・・。
 
靴下が片方ない!と思っていたら、まさか洗濯機の下から出てくるとはっ!
 
つぎ靴下の片方なくなってしまったら、洗濯機の下を探してみることにします。

トイレタンクの(下、横)の隙間を掃除してみた

トイレの横の隙間
 
トイレの床掃除は、しゃがんで手で拭いています。
 
でも、どうしても手が届く範囲って限られているんですよね。
 
狭いところやトイレタンクの後ろは、甘い掃除になりがちです。
 
トイレタンクの後ろの隙間
 
そんな場所は、隙間ワイパーはお手の物☆
 
コードが邪魔ですが、コードの下にもぐりこんでお掃除できるところがいいです!
 
ただトイレは狭い。
さらにトイレタンクの後ろとなると、床をなぞるだけ・・・になってしまい、掃除機の出番が必要になるほどのホコリは取れませんでした。
 
ただお掃除しないより、お掃除したほうがいいに決まっていますね。
 
取り替えシートなら、掃除した後にゴミ箱にポイすればいいだけ。
 
定期的にお掃除する価値はありますよ(*´∇`*)

高いところを掃除してみた

高いところを掃除してみた
 
隙間ワイパーは全長55cmもあるので、高いところのお掃除もできるかな~と思って、やってみました!
 
やってみたんですけど・・・
 
普段お掃除していないところなので、ホコリがかぶっていないワケがないと思うんですが、あまりフローリングシートに汚れがついていませんでした。
 
隙間ワイパーでお掃除できないことはないと思うけれど・・・
感動しちゃうほどの効果はないというかんじです。

スキマロングワイパーでお掃除するデメリット

スポンサーリンク

シートが思うように切れない

スキマロングワイパー本体のデメリットではないのですが、取り替えシートをカットしづらく苦労しました。
 
時間に余裕がある時に、まとめて切っておくと、気がついたときにさっと拭けるので、事前にカットしておくようにしています。

ワイパー本体にシートを差し込むときに、指を挟むと痛い

スキマロングワイパーの本体に取り替えシートを差し込むときに、指を挟んでしまうと痛いです・・・。
 
痛いと分かっているのですが、シートを置くまで差し込もうとすると挟んじゃうんですよね。
 
しっかり挟み込まないと、お掃除中にシートが外れてしまいそうなので、差し込まないわけにはいかないし。
 
差し込むのにコツが必要かもしれません。

スキマロングワイパーでお掃除するメリット

長い!薄い!

隙間お掃除グッズ全長
スキマロングワイパーの全長は約50cm。
持ち手(柄)の太い部分でも約5mmという薄さなので、5mm以下の隙間であれが、するすると入り込んでゴミやホコリをキャッチしてくれます!
 
長いので、狭いところだけでなく高いところもお手の物です(*´∇`*)

よくしなる!しなる!

隙間ワイパーはしなる!
スキマロングワイパーを、グイッと曲げるとよくしなってくれます☆
 
よくしなるので、洗濯機の排水ホースのような凹凸があるような物の下に差し込んでも、見事にフィット!
 
埃をからめ取り、ゴミをかき出してくれる優れものです。

市販のフローリングお掃除シートでOK

スキマロングワイパーのハエたたきのような先端部分に、市販されているフローリングワイパーの取替えシートを装着して、お掃除します。
 
なので、埃やゴミがついて汚れてしまったら、ゴミ箱にポイすればOK。
 
もしワイパー本体が汚れても、水洗いできるので清潔に保てます。
 
後始末なども簡単なので、気が付いたときにぱぱっとできちゃいます。

水洗いできる!

スキマロングワイパーはプラスチックなので、汚れたらジャバジャバと水洗いできるので、衛生的。
 
お手入れしやすいと、主婦は助かりますね。

隙間掃除を100均のグッズでやってみた感想

100均で見つけたお掃除グッズなので・・・
「もしきちんと掃除できなくても、仕方ない・・・。ためしに買ってみよう!」
「キレイになったらラッキー」くらいの気持ちで買いました。
 
でもこのスキマロングワイパー。
5mmの隙間でもするするっと難なく入って、ゴミをかきだし、ホコリを絡め取ってくれるので、めちゃめちゃ役に立ちます~!
 
お掃除ロボットでは、入っていけない狭い隙間や、掃除できないホース下、トイレタンクの裏なども、するりと入ってゴミをキャッチしてくれるので大助かりです☆
 
目には見えているんだけど、取りづらくて後回しにしていたような埃が、この隙間ワイパーのおかげで、さくっとなくなり、キレイになりました!
 
まさしくお値段以上の効果を発揮してくれているといったかんじです。
 
気になる隙間のゴミをごそっと一発できれいにしてくれるので、お掃除のあとはスッキリ。
 
心まで晴れやかな気持ちになるので、病み付きになりそうです~。
 
狭く入り組んだ場所は、ゴキブリも大好き!
 
そこにゴキブリのエサとなる埃や髪の毛が大量にあったら、居心地の良い住家となってしまいかねません。
 
今まで隙間の掃除は、面倒そうだと思い後回しにしていましたが、これからは週に1度くらいのペースで、隙間掃除の日をつくって、埃・ゴミを溜め込まないようにします(*´∇`*)

そのほかの隙間お掃除グッズ

◆ ダイソー隙間らくらくハンディワイパー
 


 
ダイソーで売っている隙間お掃除グッズには、取り替えシートが2枚ついています(*´∇`*)
 
セリアのスキマロングワイパーとほぼ同じ全長で、仕組みも同じなので、どちらか1つあれば良いと思います☆
 
 
◆ アズマ ハンディモップ すきまソージー

 
こちらの商品は100均には売っていませんが・・・
 
棒全体にマイクロファイバーのシートが取り付けられるようになっています。
 
シートが長いのでより簡単にキレイにしてくれそうです☆
 
またシートは汚れたら洗うことができるので、繰り返し使えて経済的です(*´∇`*)
 
 
◆ セリアのおそうじレス吸隊パワフルロングノズル
 


隙間ワイパーの本体に、市販のフローリングシートを挟み込むだけで、狭い隙間や奥にあるホコリやゴミが一瞬のうちに絡めとり、かき出してくれます。
 
ハンディワイパーではなく、掃除機のノズルの先に取り付けて、吸引するタイプです。
 
あなたのうちにある掃除機に取り付けることができたら、候補としてアリだと思います☆

まとめ

今回の記事では、狭い隙間を掃除したい時に便利な掃除グッズ「取り替え式スキマロングワイパー」をご紹介しました☆
 

◆ 取り替え式スキマロングワイパーの商品情報
 
  • 購入した場所 100均のセリア(掃除グッズコーナー)
  • 全長約55cm 幅約5cm
  • 5mm以上の隙間ならお掃除可能
  • フローリング用の取り替えシートを挟み込むだけでOK

 
 
実際に使ってみたら、狭い隙間にはたくさんのホコリ、髪の毛、ゴミが、ビックリしてしまうほど溜まっていました!
 
毎日お掃除するほどの場所ではないけれど、毎日お掃除しない日が続くと、恐ろしいほどのゴミが溜まってしまっているかも?
 
スキマロングワイパーは
 

  • 掃除機のノズルでは太すぎて入らない・・・。
  • ハンディタイプのワイパーでは、短すぎて届かない・・・。
  • 狭い隙間や入り組んでいて、お掃除ロボットでも入れない・・・

 
そんな場所でも、しなやかなボディでスルスルっと入り込み、埃や髪の毛をからめ、ゴミを書き出してくれる優れもの(*´∇`*)
 
「目には見えている埃やゴミを取り去りたいのに、届かない~!」

「お掃除したいのに、できない~!」
というモヤモヤをスパッと解決してくれます。
 
隙間ロングワイパーも、フローリングシートも100均で手に入るので、ぜひ試してみてください(*´∇`*)
 
 

スポンサーリンク