ずぶヌレの学生服写真うちの長男の太郎。
 
高校を出た時には曇ってたみたいなんだけど、途中でゲリラ豪雨のような雨に降られて、制服がびちゃびちゃに濡れちゃった。
 
クリーニングに出したいんだけど、明日制服を着るからそんなわけにはいかず、なんとかして今日中には濡れた制服を乾かしたいんですよね・・・( ̄. ̄;)
 
そこで早速、制服が雨に濡れた時にはどうしたらいいのか?早く乾かす方法を調べてやってみました!
 

スポンサーリンク

 

雨で制服が濡れた時はどうしたらいい?

雨や水で濡れた制服をそのまま放っておくと、シミのように跡が残ってしまったり、カビが生えることがあるんだって!
 
だから、ズブ濡れの時だけでなく、ちょっと濡れちゃったときでも、早めに乾かしちゃったほうが良さそうです。

誰でもできる制服の基本的な乾かし方を教えて!

基本的な乾かし方は・・・

  1. ハンガーにかけて、タオルで制服についている水分を吸収する
  2. 風通しのよいところに陰干しする

でした。

参考にさせていただいたのはこちらです~
北海道トンボ株式会社

絶対!制服を速く乾かしたい時は・・・

風通しのよいところっていっても、外が雨の時は部屋干しするしかないので、なんとしでも絶対早く乾かしたい~!という時は、タオルで制服についている水分を吸収したあと

  • 扇風機で乾かす
  • ドライヤーで乾かす
  • 陰干しする時除湿機を使う

 
この3つの方法が効率的だそうです。
 

扇風機で制服を乾かすなら

扇風機で制服を乾かすなら、少し離した所に扇風機を置いて首振りにして、全体的に風が当たるようにすることがポイント。

ドライヤーで乾かすなら

ドライヤーで乾かすなら、生地が重なっているワキの部分などに集中的に乾かすことができます。ズボンの中にも風を当てることができるので速いです。

除湿機を併用する

干す時に除湿機が置いてある部屋だと効果的。除湿機がなくてもエアコンの除湿モードにして、エアコンの下に吊るして置けば、早く湿気がなくなって乾きそうですね。

スポンサーリンク

制服で濡れた雨を乾かしてみた!

以上の点を踏まえて、ななおは次のようにやってみました!

ハンカチを使って制服の水分を吸収した

ななおんちには、洗面所に物干し竿、ドレイヤーがあるので、まず制服をハンガーにかけて、洗面所の物干し竿にかけました。
 
制服を販売してみえるトンボさんの公式サイトでは、タオルでふき取るって書いてあるので、タオルでやればいいんでしょうが・・・
 
タオルの繊維がつくというか、白っぽくなったらイヤだな~と思ったので、ハンカチで拭いていきました。
 拭くといっても両手にハンカチを持って、トントンと拍手するような感じで抑えていくほうが吸収できた気がします。
 
すぐにハンカチもびちゃびちゃになっちゃいましたけどね。
 
自転車通学なんで、上着は袖と裾の部分。ズボンも裾の部分が得に濡れていました。

ドライヤーで乾かす

温風のほうが早く乾きそうだったので、ちょっと離して温風で乾かしていきました。
 
もうこれは・・・あらゆる角度からやるしかない・・・と思って、ドライヤーを当てていきました。
 
が、疲れちゃったので( ̄. ̄;)
 
だいたい乾いて、シミにはならないだろうな~と思ったところで、いったん休憩しました。

換気扇を回してしばし放置

本当は、除湿機のある部屋で乾かすのが早いんでしょうけど・・・、しっかり乾かしたわけではなかったので、またドライヤーで乾かそうと思ってたんですよ。
 
なので、お風呂の換気扇を回して、しばらく放置したあと、再度ドライヤーで乾かそうと思ったら・・・
 
もうほとんど乾いてました!(*´∇`*)
 

エアコンの下で吊るし干し

あ~、これなら明日までに乾きそうだな~と思ったんで、エアコンのある部屋に持っていって、除湿モードにして、エアコンの下で乾かしました☆
 
見事翌日には乾いていましたー!

まとめ

今日は雨で濡れた制服が濡れちゃった時、どうしたらいいか?
さらに早く乾かすコツを調べてみました。
まとめると・・・

  • 制服は雨や水で濡れたままにしておくとシミ・カビの原因になる
  • 濡れた後、布で水分を吸収したあと、陰干しすると良い
  • 早く乾かしたい時は、扇風機・ドライヤー・除湿を使うと効果的

 
です。
 
今日は学校からの帰り道に濡れたから、すぐに制服が拭けたし、太郎もシャワーを浴びれたけれど
 
家から学校に行く途中に雨に降られちゃったら、もっと大変でしたよね!?
 
サブバックの中にタオルを常備しておいて、雨に濡れたらとりあえず体と制服を拭けるよにしておくしかないかな~?
 
何かよい方法があったら、教えてください^^
 
ではでは、ななおでした☆
 
 

スポンサーリンク

 
 


 
関連記事とスポンサーリンク