ビーエスコートのバスローブ

40代で脱毛サロンに通い始めたななお。

結婚して子供も居る。
「アラフォー世代で今さら脱毛を始めても意味がない?遅いよなぁ・・・」なんて思っていました。
 
だけど実際にビーエスコートという脱毛サロンに通い始めてみると

「もっと早く行けばよかった。なんでもっと早く行かなかったんだろう・・・?」

なんて後悔しているんですね。
 

スポンサーリンク

通い始めた今だからこそ
「40代から脱毛を始めても遅くないよ。興味があるなら行ってみたらどう?」と自信を持って言えます。
 
もしあなたがサロンに行くのをためらっているのなら、勇気を出して行って欲しいと思ったので、

アラフォーのななおが脱毛サロンに通い始めたきっかけや理由を書いていきますね。

アラフォーで脱毛サロンに通うのは遅い?

10代や20代ならまだしも、40代になってから脱毛サロンに通うのって遅いですかね?
 
ななおは「遅いでしょ~。今さらってかんじだよね。」と、思ってました。
 
丈が短いワンピースを着たりショーパンを履きたいわけじゃないし、誰かに肌を見せたいわけでもない。
 
「アラフォーの主婦がお金を遣って、脱毛してどうすんの?」って。
 
だけどななおは・・・
 
「また剃らなくちゃいけない・・・。この間処理したばっかなのにな。」なんてお手入れするのが憂鬱で憂鬱で。
 
どうしてもムダ毛を剃るという行為が面倒で仕方がなかったんですよ・・・
 
で、思ったんです。
 
アラフォーになったからといって、ムダ毛を剃らないわけには・・・処理しないわけにはいかないんだよなぁ・・・と。
 
40代になったからとか、結婚して子供が居るからとか。何かと理由を付けて行かなかったけど。
 
「ムダ毛の処理から解放されたーい。」
「ムダ毛なんて、生えてこなければいいのにっ!!」
 
この気持ちに、年齢なんて関係ないから「サロンに行きたければ行けばいいんだ。」と思っちゃったんです。

脱毛サロンはお金がかかるは、半分ウソで半分正解

脱毛サロンに通うとなると、お金がかかると思います?
 
ななおは「お金がかかる」って思ってました。
 
特に全身脱毛なんて、30万とか50万。もしかしたらそれ以上かかる・・・そんな高額なイメージがあったんですね。
 
芸能人とか。
どこぞの社長夫人とかね。セレブの人が集う場所・・・みたいな。
 
一般人のななおが、エステサロンに通うなんて、恐れ多い~
 
でも今ドキの脱毛サロンって、高校生の子でも通っているくらいだから、高くないんですよね。
 
そりゃ、全身脱毛しようとすれば数千円や数万円では済まないけれど。
 
ななおが通っているビーエスコートは、
両ワキの脱毛が、10回で390円。
 
VIO(アンダーへアー)の脱毛なら1回390円。
 
ワンコインでおつりが来ちゃう。(*´∇`*)
 
女性としてお手入れしておきたい、ひざ下やひじ下でも10回3900円で脱毛出来ちゃいます。
 
昔じゃ考えられないくらい、安い。そう思いません?
 
もし、旦那さんに脱毛しにサロンに行きたいって相談したら

「安いっていっても、お金がかかるでしょ?」
「効果がなかったら、お金がもったいないじゃん」
「お金のムダムダ。自分で出来るでしょ?」
って、言われちゃいそうだけど
 
これくらいの脱毛費用で済むなら、主婦のお小遣いでも大丈夫。
 
内緒でも通えちゃうくらい安いもんね。(´~`ヾ)
 
脱毛サロンはお金がかかるっていうのは、半分ウソで半分正解。
 
大手サロンのキャンペーンを利用して、何箇所もはしごして通えば、全身脱毛できないこともないし、思いのほか高くなかったりします。
 
もちろん、全身を完璧にツルスベにしたいなら、それなにお金はかかるけどね。

光脱毛でも輪ゴムで弾かれたように、痛い!これも半分ウソ

カミソリや顔そり用の電気シェーバーでお手入れするなら痛くないけど

脱毛サロンで本格的に施術してもらうとなると「痛い」っていう、イメージありませんか?
 
ミュゼプラチナムや銀座カラーといった、脱毛最王手の公式ホームページでも、よくある質問Q&Aには、

「輪ゴムで弾かれたような痛みをかんじます。」って、書いてあるもんね。
 
ななおは
「痛そうだなー。痛いのはムリだなー。」
「肌が弱いから、レーザーに負けて火傷しちゃったらどうしよう・・・。」
 
でも、毛を生えてこなくするためなんだから「痛いのは当然。仕方ないと諦めるしかない」なんて思ってました。
 
でもね。ビーエスコートは、
びっくりするくらい、これっぽっちも痛くないの。
 
施術してくれるエステティシャンの人によっては

「ちょっとジワッと熱いな~」って、思ったことはあるけど、「痛いっ!」と思ったことは一度もないんですよね。
 
お世辞抜きにして、痛くない。
 
そうだなー。たとえるなら・・・
冬に大活躍してくれるホッカイロ。
 
ホッカイロって、肌に当てた場所によって、ジワジワジワ~と熱く感じるときあるでしょう?
 
そんなかんじに似ているかな?
 
だから、サロンが使っている脱毛機だったり、エステティシャンの技術によって痛さは変わる。
 
痛みをかんじない脱毛機を使っているサロンを選べば、

まったく痛みをかんじずに脱毛完了しちゃうことも夢じゃないんです。

エステに行くと勧誘される!?

「Aさんが効果があった!」と言っても、ななお自身が脱毛の効果を実感できるかどうかは、やってみないと分からない。
 
もちろん、ななおが効果があると思っても、あなたにとって脱毛の効果があるかどうかは、やっていないと分かりませんよね?
 
高い料金をお支払いして、脱毛効果があればいいけど

効果があるかどうかなんて自分で実際にやってみないと分からないんですよ。
 
しかも、何回通えばいいのか?
いつになったらお手入れしなくてもすむ状態になるかなんて

つるすべの肌になってみたいと分からない。
 
そうなんですよ。
実際に試してみたいけど、脱毛サロンに行くと勧誘される・・・と思うと、体験すら躊躇しちゃうんですよね。
 
ななおも、監禁とかされて勧誘されたら、断りきれずに契約しちゃいそう・・・。
 
なんて、勧誘されるのが怖くて行けませんでした。
 
だって、脱毛サロンって、閉鎖的な空間でしょう?
 
行ったことがないから、どんな場所か分からない、未知の世界というか。
 
どのサロンが自分にあっているのか?
どこのサロンに行けばいいのか?
分からない・・・
 
色々なサロンでキャンペーンをやってるから、体験してみればいいんだろうけど勧誘が怖いやら、面倒やらで行かなかったんですよね・・・。
 
だけど、実際に行ってみるとですね、契約を勧められたときに

「脱毛したいけど、お金がないからできません」と言えば
 
あっさり「分かりました。」と。
 
「気になる部位が出てきたら、言ってくださいね。」と言われるくらいで

しつこく引き止められるようなことはなくて、拍子抜けしてしまうくらいだったんです。
 

スポンサーリンク

40代で脱毛サロンに行き始めた理由

ななおが勇気を出して「脱毛サロンに行ってみよう」と思ったのは、ビーエスコートのキャンペーンの内容が変わってしまったことがきっかけでした。
 
2017年の5月までのキャンペーンは・・・
 
両ワキ脱毛 無制限 390円
 
ひじ下・ひざ上・ひじ上・ひじ下のいずれか1箇所 無制限 390円、だったんですよ。
 
それが6月から無制限じゃなくなって、10回に変更されたんです。

 
「あ~、このままじゃ、ドンドンキャンペーンの内容が悪くなってしまうかも?」

「早く行かなくちゃ損しちゃうかも?すでにもう損してるし・・・」
と、思ったんですよね。
 
ビーエスコートだけじゃなくて、ミュゼプラチナムの両ワキキャンペーンの料金も値上がりしてたし。
 
「早く行かなくちゃ。今、行かなくちゃ。」と思ってしまったんです。
 
「損してしまった。これ以上損したくない」と言う気持ちが、ななおの背中を押しました。

40代で脱毛サロンに通いはじめて思ったこと

子育てもひと段落して自由になる時間ができたから、脱毛サロンに通いやすくなったっていうのも大きな理由の1つです。
 
だけど、実際にお試し体験してみて

  • 脱毛料金は安い
  • 施術は痛くない
  • 脱毛効果は高い

と思ったことが、脱毛サロンに通う決め手となりました。
 
もしあなたが
「この先もず~っと自己処理を続けると思うと気が滅入る・・・」

「数千円で脱毛できるなら、お小遣いから捻出できる☆」

「1~2ヶ月に1度、自分の自由になる時間がある!」

と思うなら
40代だろうが50代だろうが60代だろうが、遅くないと思いますよ?
  
いまさら誰に見せる肌でもないけれど、自己処理がだんぜん楽。
 
サロンに通うことは贅沢かもしれないけど、普段がんばってるんだから、ちょっとくらいいいじゃん!
 
ななおは、今のところビーエスコートしか行ったことがないので、他のサロンのことは良く分かりませんが、

ビーエスコートでお会いする方は、アラサー、アラフォー世代の方が多いです。
 
平日の午前中という時間帯に行っているからかもしれませんが、恥ずかしいことはないですよ。
 
脱毛サロンがどんな場所なのかを知るためにも、キャンペーンを利用してお得につるすべ肌を体験してきてください。
 
もし勧誘が心配なのであれば、ななおがどうやってしつこい勧誘を切り抜けているかを、こちらにまめました。
 
→ しつこい勧誘をかわすのは、簡単です☆ 
 
参考にしていただけると嬉しいです。
 

スポンサーリンク

 
関連記事とスポンサーリンク