災害時に備蓄しておきたい食料!おすすめの食べ物はこれ!
スポンサーリンク

今回の記事では、台風や地震、津波などの万が一の災害時のために、

  • どんなものを備蓄しているのか?
  • 具体的にどいういった食べ物なのか?

災害時のために備蓄しておきたいおすすめの食料をお伝えします。

災害はいつやってくるのか分かりません。

明日はわが身かも。

ガスや電気・水道などのライフラインが止まってしまう前に、常日頃から準備しておいてくださいね(*´∇`*)

スポンサーリンク

災害時の食料としておすすめの食べ物はなに?

災害時の食料として、備蓄しておきたいおすすめの食べ物は、つぎのような食べ物です。

  • 食べ慣れているもの
  • 調理せず、そのまま食べれるもの
  • カロリーが高く栄養価が高いもの
  • 賞味期限が長いもの

食べ慣れているもの

被災すると環境の変化や不安からくるストレスなどで、食欲が湧かなくなることが多いそうです。

実は、わたしは乾パンが苦手・・・。

長期保存できる非常食にはもってこい!のものだと頭では分かってりうのですが、もし乾パンしか準備していなかったとしたら、食べることがストレスになってしまいそうな気がします。

次のようなものを非常食として備蓄しています。

    チョコレート、飴などのお菓子、カロリーメイト、ペットボトルの水(お茶、ジュース)、缶詰、レトルト品、カップラーメン、豆乳、アーモンド、ゼリー、プリン

 

管理人ななお管理人ななお

コーンフレーク、フルーツグラノーラなどのシリアル系がOKな人は、シリアルも優れていますよ(*´∇`*)

食べ慣れたものを備蓄しています。普段食べているものなので、賞味期限切れの心配なし。

ストックしているモノがなくなったら、買い足す、といったかんじです。

レトルト品のおかずや缶詰は普段の「おかずが一品足りない」という時や「何も作りたくない」という時にも使えて便利です(*´∇`*)

調理せず、そのまま食べれるもの

災害が起こると、停電したり、断水したり。何が起こるか分かりません。

ガスコンロやIH、電子レンジやトースターなど、電気やガスなどを使わなくても、そのまま食べれるものがあると安心です(*´∇`*)

例えば、日持ちはしなくても、パン、チーズ、ちくわ、豆腐、キムチ、納豆などは、パッケージを破ったらそのまま食べれるのでおすすめ☆

停電しても冷蔵庫に入った状態で、半日くらいならOKでした。

ライフラインが復旧するまでの日数は、平均して3日間だといわれています。

なので、1日目に食べれば大丈夫です(*´∇`*)

    チョコレート、飴などのお菓子、カロリーメイト、缶詰、ペットボトルの水(お茶、ジュース)、菓子パン、ゼリー

 
フルーツの缶詰や真空パックされたゼリーは、デザート&おやつにぴったり☆

管理人ななお管理人ななお

災害時は、菓子パン、水からすぐに売切れます。缶詰が狙い目!


 
スポンサーリンク

カロリーが高く栄養価が高いもの

災害時は、お腹いっぱい!に食べることが難しいので、カロリーが高いもの、栄養価が高いものを準備しています。

    栄養補助食品のカロリーメイト、えいようかん、チョコレート、豆乳

 

管理人ななお管理人ななお

パンの代わりにバームクーヘンやクッキーもおすすめです

賞味期限が長いもの

非常食用として売られているものは、5年以上のものが多いんですが、高いんですよね・・・。

賞味期限は短すぎず長すぎず。

非常食として備蓄するなら、賞味期限が2~3ヶ月以上のものだと安心でし、お安く入手できておすすめです。

    レトルトのお粥、レトルトのおかず、パックのご飯、お菓子、缶詰、豆乳、ペットボトルの水(お茶、ジュース)、カップラーメン、お土産用のお菓子

 
レトルトのものは、温め不要のものもあれば、温め必要のものがあるので、注意してください。

お土産用のお菓子は割高。

でも賞味期限が長いので、食べたいものがあったら、自宅用に買うのがおすすめ(*´∇`*)

豆乳は常温保存OKで、長期保存ができます。普段から飲みなれておくと安心です。

カップラーメンは、お湯がないと美味しく食べれません。

でもライフラインは、平均して3日で復旧しているので、備蓄しておくと良いですよ。

カセットコンロがあれば、作れますし☆

サッポロ一番であれば、水でも作れるそうです。

長女 かえで長女 かえで

台風の備えでは、カップラーメンが即完売に。日頃から家族の人数分はあると安心です

非常食はどこで買う?

非常食は、普段食べているものを余分に買って、備蓄しておけばよいので、スーパーやコンビニ、ドッグストアなどで、非常食は買えます。

ただ、スーパーなどには5年間など年単位で保存できる食品は、あまり置いてありません。

保存期間が長い食品は、東急ハンズやロフト、ホームセンターなどの特設コーナーで購入できますよ。

まとめ

スポンサーリンク

今回の記事では、台風や地震、津波などの万が一の災害時のために、

  • どんなものを備蓄しているのか?
  • 具体的にどいういった食べ物なのか?

をお伝えしました。

わたしは、このポイントを押さえて食料を備蓄しています(*´∇`*)
 

◆ 災害時におすすめの食料
  • 食べ慣れているもの
  • 調理せず、そのまま食べれるもの
  • カロリーが高く栄養価が高いもの
  • 賞味期限が長いもの

 
 

    ◆ おすすめの食べ物
    チョコレート、飴などのお菓子、カロリーメイト、ペットボトルの水(お茶、ジュース)、缶詰、レトルト品、カップラーメン、豆乳

 
このご時勢、何も準備していないというのは、無謀着すぎ。

愛する家族を守るために、避難勧告が出たら、さっと出動できるよう日頃から心構えておきましょう(*´∇`*)

スポンサーリンク