岐阜県羽島市江吉良のバッティング場

今年中学生になった長女がソフト部に入ったんですけど、「バッティングセンターに行きたい~」って、毎日うるさいんですよ。子供の前でボールが当たらなかったら、恥じかくし・・・。ずっと「また今度ね~♪」なんていって、はぐらかしていたんですが、「試合に出るかもしれない」というので、娘と次男を連れて渋々行くことにしました(´~`ヾ)

大垣と羽島 どっちのバッティングセンターに行く?

早速迷ったのが、どこのバッティングセンターに行こうか、ということ。

  • 大垣と羽島にバッティングセンターがあることは知ってるけど、今もまだ営業しているのか?
  • 野球じゃなくて、ソフトボールの打撃練習はできるんだろうか?
  • 次男は左利きで、長女は右利き。なので右打ち、左打ち両方できるのか?
  • いくらで何球打てるのか?どっちに行ったほうがお得なんだろう?

っていうことが気になったので、ネットで調べてから行きました。で、結局・・・ソフトボールの打撃練習ができて、お得な江吉良のバッティングセンターに行くことに☆
 
ネットで見る限り大垣のバッティングセンターには、野球しか練習できなさそうだったんですよ。しかも100円で15球。江吉良は100円で18球だったのです。

江吉良のバッティングセンターに到着

土曜日に行ったんですが、駐車場には車が数台止まっているくらいでガラガラでした。
お店に入ると、一昔前に流行ったようゲーセンのよう。受付があったり、自販機があったり。外に出るとバッティングしてる人がちらほらいるくらい。
 
最後にバッティングセンターに行ったのはいつだろう?と、自分でも記憶がないくらい久しく行ってなかったので、もはやシステムが分からず・・・。
 
バッティングセンターのやり方?みたいな説明書きがないかキョロキョロして探したんですがなかったんで、受付のおばちゃんに「バッティング練習したいんだけど始めてきたんで、やり方が分かりません。どうやってやるんですか?」って、尋ねました(TmT)ちょっと恥ずかしかったけど、分からないから仕方がない・・・。
 
とりあえず「ソフトボールの練習は、この打席しかできなくて、ここにお金を入れれば発射されるよ~。」って教えていただきました。
 
お金を入れるところ

長女がデビュー

学校にある打撃マシンではやったことがあるという長女が、まず打席へ☆
 
バッターボックスに入った長女は、いつの間に誰に教えてもらって覚えたんだろう・・・と思うほど、フォームがさまになってて、わが子の成長にちょっと感動。
 
構える長女。そして一発目のボールが発射されて・・・空振り。(笑)
まぁ、そんなもんですよね。一定感覚でボールが容赦なく飛んでくるんですが、スイングしても空振り連発。
 
長女スイング前

写真の撮り方が下手なのでフォームはイマイチ(TmT)

 

こんな調子で試合に出れるんだろうか・・・。
出させてもらっても三振しちゃうんじゃない?
 
と、ちょっとハラハラしながら、見守ってたんですが、見ているうちにやっと長女の気持ちがやっと理解できました。
 
「試合前にカキーンと打つことができたら、自信につながる。だから長女はあれほどバッティングセンターに行きたがったんだ」と。
 
そうこうしていたら、ボールにバットがかすり始めて、当たるように^^
お遊びじゃないなら無碍に断らずに、月1くらいなら連れてきてもいいかなって思いました。

次男がはじめてのバッターボックスに立つ

次男は今までバットに触った経験もなし。どんな風にバットを持てばいいかもまったく分からない状態。バッティングセンターに着くまでは「やってみたい」って言ってたんですけど、いざやるとなったら「空振りしたら恥ずかしいから、やりたくない。嫌だ~」と・・・。誰も見ていないと思うんですけどね。(´~`ヾ)
 
私自身も「折角来たんだから、やらせてあげたいな」という気持ちと「万が一ボールが体や頭に当たってデットボールにでもなってしまったら危ないし、トラウマになっちゃうかも?」なんて思ったので、やりたくないなら無理にやらなくていいよって言ってたんですけど。
 
姉が楽しそうにバッティングしたいるのを見ているうちに、モジモジしながら「やる」というので、一番短いバットを選んで、グリップのここをこんな風にもつんだよなんていうことを即興で教えて。
 
お金を入れて、いざ打席へ。
 
次男初打席
 
だいぶへっぴり腰ですね(笑)
 
左利きなので本当は右打ちしたかったみたいなんですけど、一番ゆっくりなボールが発射される打席が左打ちしかなかったので、左のバッターボックスへ。
 
次男くん。ボールが飛んできたら、バットを振るんですけど。遅いし、そこじゃないよね?っていうところを振ってて・・・(ノд・。)バットを振っても振ってもボールが当たらないので、見ている私のほうが、辛くて可愛そうになってきたので、「バンドでいいよ、バンドで。」
「ボールが飛んできそうなところで、バットもって構えて~」「腰は落として!膝は曲げたほうがいいんじゃない?」
 
な~んて、素人だけどあーだこーだ試行錯誤してやってたら、ボスっと鈍い音と立ててボールがバットに当たった!!
 
それからというもの、「構えてればいい」って長女と私が言ってるのに、やたらとバットを振りたがって。(そりゃそうですよね。待ってるだけではつまらない)
 
「そんなスイングでは、当たらないだろう~」って、思ってたんですが、意外や意外。パカパカと当たるようになっちゃっいました(笑)当たると嬉しかったみたいで「お金ちょうだい。もう1回やりたい。」だって。子供は飲み込みが早いというか要領がいいですね。
 
注意事項
 
ヘルメットも貸してもらえるので、もし仮に頭に当たったとしても、よほど大丈夫でしょう。

あなたが打撃練習で遣うお金はいくら?

バッティングセンターに行く目的にも違うんでしょうけど、皆さんいくらくらい遣われるんでしょうねぇ。バットにボールが当たりだしたら、子供でもストレス解消できるみたいで、「またやりたい。もう1回やりたい」と言い出してキリがなくなってきて・・・。
 
「1人5回まで。500円遣うだけだからね~」と。結局1000円遣ってきました。(1回18球なんで1人90球打てたってことですね。)けどよくよく考えたら、長女はソフトボールの練習。次男はただのお遊び。なのに同じだけ遣うっていうのはちょっと理不尽だったかな。今回は長女は何も文句言わなかったので、ヨシとします。

江吉良のバッティングセンターはどうだったか?

そもそも近くにバッティングセンター自体が少ないのに、ソフトボールの練習ができるのは江吉良だけ。しかも江吉良でも1打席しかありませんでした。(TmT)
 
ソフトの打撃練習がしたいなら、あーもすーもなく、江吉良に行くしかないってかんじですね。けど大垣より安いのであえて大垣に行く理由もないですし・・・。これからも行くなら我が家は江吉良に行くことになります。
 
たぶん、どこのバッティングセンターも同じだと思いますが、バットもヘルメットも持参しなくてOK。ふらっと気楽に寄れるのがいいですね~。
 
ただ気になるのが、ソフトボール用の打席が1打席しかないので、ソフトボールの練習をしたい子が他にもいたら、待ち時間が長そうでイヤかな。

親子で行ってみての感想

子供たちははじめから大乗り気。私は嫌々で行ったんですが、心配してた次男も打ってるところが見れたし、長女も次男も終始ご機嫌で楽しそうにやってる姿を見れたので行ってよかったです。
 
バッティングセンターという未知の世界にいけれただけでも楽しい☆そんなかんじで、空振りしてても、楽しそうでしたから。
 
夏休み目前なんで、きっと次回は夏休みに行くでしょうね。私も打席に入ってみようかな~なんて、思っています。

おまけの情報

岐阜県ではなく、横浜市にあるスポーツオーソリティ港北ニュータウン店の話なんですけどね。屋上にバッティングセンターを導入するそうですよ。この試みが成功したら、オーソリティが入っているイオンの屋上にバッティングセンターがドンドン設置されて行くかもしれませんね~。
 
しかもです。このバッティングセンターは、元プロ野球選手の代田建紀さんが野球スクールを実施する予定なんだそう。プロに教えてもらえたら子供たちの目が輝くだろうな~☆
 
なんかワクワクする企画ですね。
名古屋のオーソリティだったら・・・地元の中日の選手がスクールの先生になりそうですね。まだまだ先の話だろうけど、そうなったらいいな。
 


 
関連記事とスポンサーリンク