メガネの赤札堂の正面
 
うちの長女・・・。ソフトボール部なんですが、部活中にボールがメガネにあたって壊れちゃったんですよ。
 
で、次男の予備のメガネもずっと買わなくちゃなぁ・・・と思っていたんですが、買わずじまいだったんですね。
 
2つのメガネを買うとなると、出費が2倍っ!?・・・
 
なんて考えていた時に、ふと頭に浮かんだのが「メガネが2本で5千円」という赤札堂さんのCM。
 
実は以前にも利用したことがあるんですが、私と長女のメガネを同時に1本ずつ買ったのに、5千円にならなかったんですよ。(TmT)
 
なので今回は2本のメガネを5千円で買うぞ☆と心に決めて、長女と次男を連れてメガネの赤札堂へ行ってきました!
 

スポンサーリンク

 

大垣店の様子、お店の雰囲気はどう?

前回赤札堂で買ったときには「羽島店」だったんですが、今回行ったのは「大垣店」。
 
羽島店はそんなに混んでいる印象はなかったんですが、大垣店は車がいっぱいでびっくり!!
 
店内にもお客さんがごった返している、と思うほど多くの人がメガネを選んでいたり、ソファーに腰をかけてメガネのチェックをしていたり。
 
同じ赤札堂なのに、なんでこんなに違うの?
と思ってしまうほど、大垣店の店員さんで接客に追われて、とても忙しそうな感じでした。
 
なので大垣店は
「店員さんに声をかけてほしくない。ゆっくりメガネを選びたい・・・」
という人にとっては自由にメガネが選べて良いです。
 
だけど
「どのメガネがいいか分からないから、店員さんに質問したい・・・」
「メガネを受け取りに来た」
という時は、接客してほしい時じゃないですか?
 
そういう時は「番号札」を持って待っていれば、順番に対応してもらえるので、理にかなったシステムなっていますよ。
 
決して店員さんが少ないわけじゃないんですよ。お客さんが多いんです。
 
大垣店は人気があるな~って思いました☆

子供用のメガネはどうやって選べばいいの?

店内にはメガネの種類があまりにも多すぎて、どこのゾーンに置いてあるメガネから選んだらいいのか・・・
 
こんなことすら分からなかったので、店員さんに色々と聞いちゃいました。

もし安いメガネを買いたいなら

安いメガネがほしいなら、赤いシール、青いシール、黄色いシールが貼ってあるものから2本を選ぶとお得に買えます。
 
赤いシールは1本4800円のメガネ。あと5800円と6800円のメガネです。
 
赤いシールが貼ってあるメガネを2本選ぶと、2本のフレームとレンズが5000円になります。
 
格安というよりもはや激安ですよね。
 
もし違う色のシールを選んだら、合計金額から2000円引いた金額になります。

ブランド品を買いたいなら

ブランド品は1万円以上のものしかありません。
プーマやアディダスなどのスポーツブランドやキャラクター品も1万円からです。
 
「ブランド品と赤札堂さんの商品と何が違うんですか?」と質問したら
 
「ま~なんていうんでしょう。ブランド品はお名前の分高いです。品質上の変わりはありません。」というお返事が・・・
 
我が家はブランド志向ではないので、ブランド品は却下だなって思いました。

壊れにくいメガネを買いたいなら

子供が使うので壊れにくいメガネがほしいといったら、「ふしぎめがね」をオススメされました。
 
ふしぎめがねというメガネは、両手でメガネを持って、折り曲げても、ぐにゃっと曲がるだけで、折れないというなんとも不思議なメガネ。
 
フレームを引っ張ると伸びるし、曲げると曲がるし・・・。
 
店員さんが言うとおり、確かに壊れにくそうです。
 
ちなみにお値段は、1本で6800円くらいです。

子供用に選んだメガネは・・・

私が気になったのは「ふしぎめがね」。
ネーミングはイマイチだけど、本当に不思議なメガネだなぁと、すごく気になっていました。
 
だけど今日の目的は「メガネを2本で5000円で買うこと」だったんで、子供たちに赤い丸のシールがついているメガネを選んでね。
 
といって、長男と次男それぞれ1本ずつ決めてもらいました。
 
メガネのフレームが軽いほうが楽だから、軽いものがいいよね~なんて話してたら、大垣店さんにはスケールが置いてありましたよ。
 
メガネの重さが測れる

軽いもので14g。あとは17gとか20gとか。
 
ほんの数gしか違わないのに、実際にメガネをかけてみると、その差は歴然として感じました。

2本で5000円で買えませんでした

結局ですね。2本で5000円になるという赤いシールが貼ってあるメガネを選んだのに、5000円で買えませんでした。(TmT)
 
なぜかというと、2本で5000円のレンズは中薄型のレンズで、歪んで見えるって言われたからです。
 
超薄型レンズにすると、歪みが少ないから見やすいし、撥水コート加工がしてあるから、汚れがふき取りやすい。
 
さらには紫外線カットもしてくれるから、目にも優しいと。
 
1本あたり2000円をプラスして超薄型レンズにすることをオススメされました。
 
そんなこと言われちゃったらねぇ。
薄型レンズにしたくなっちゃうじゃないですか。
 
で、結局5000円で買うことを諦めて超薄型レンズにすることにしました。
4000円の予算オーバーです。
 
だけど、です。
 
「ブルーライトカットのレンズが本来プラス2000円なんですが、今キャンペーンをやってるので無料でできます。
 
どうしますか?」と店員さんに打診されたんです。
 
ブルーライトカットのレンズというのは
パソコンやテレビ、スマートフォンから発生しているブルーライトを約50%カットしてくれるメガネ。
 
太陽光などの光の当たり方によって、レンズが茶色っぽく見えることがデメリット。
 
けど、実際に見せてもらったブルーライトカットのレンズが入っているメガネは、それほど茶色が目立たなかったんで、「お得」だと思って、ブルーカットのレンズにしてもらいました☆
 
必要のないものといえば、必要のないものですが、本来4000円アップになるはずが無料だったので、料金的には満足しています。

だけどこれは次に購入するときに、ブルーライトカットのメガネを買ってもらおうというお店側の戦略なんでしょうかね~。

長女のメガネのお値段は・・・

長女のメガネの料金
長女のメガネは4800円也。長女のメガネだけで、ほぼ予算いっぱいいっぱいのお値段になっちゃいました。
 
けど、絶対他のメガネ屋さんでは、この金額で購入できないと思うので、ヨシとします。

激安ですんだ次男のメガネ。お値段は・・・

次男のメガネの料金

次男のメガネは2700円。超安い。すごく安い。
やはり赤札っていうだけあって、安く済みました☆破格値ですよね?

どんなメガネを買ったの?

今回買ったメガネは、じゃ~ん。
こちらです。
赤札堂で購入したメガネ2つ

かっこいいか?可愛いか?って言われたら、そんなこともないです。
 
けど、いたって普通でしょう?悪くはないでしょう?
 
あと、サービスでメガネケースがついてます。
無料のメガネケース

1年間しか保障は付いていませんが、ネジなどかけ具合を調整はいつでもしてもらえます。

まとめ

メガネが2本で5千円で有名な赤札堂で、本当に買えるか・・・と言われたら、歪んで見える中薄型レンズで良いなら買えます。
 
ただランクアップさせて超薄型レンズだと買えません。
 
担当していただいた店員さんの話では、
超薄型レンズは「薄い」「見やすい」「手入れしやすい」
 
だから追加料金を払う人ってでも、超薄型レンズにされる方のほうが多いそうです。
 
私は超薄型レンズを選びました。さぁ、あなたはどちらのレンズにします?

赤札堂羽島店のおまけ情報

実は我が家から赤札堂大垣店に行くより、羽島店の方が近くなんです。
 
なので前回メガネを買ったのは、羽島店でした。
 
だけど、大垣店の方が・・・

  • 長女が好みのデザインフレームが多い
  • お客さんが多く、同じ赤札堂でも活気がある
  • フレームを自由に選ばせてくれるし、困った時は丁寧に対応してくれる

ので、今度メガネを買い換える時も、大垣店に行くと思います。
 
 

 
 

スポンサーリンク

 
関連記事とスポンサーリンク