テーブルの上やリビングに散らかっているリモコンや雑誌、おもちゃ。
 
掃除をした時に片付けたと思っても、スグに散らかってるテーブルやリビングをみて、イラっとしたことありませんか?
 
「ウソでしょ!?さっき片付けたとばっかりなのに!」

「なんで!?やってもやってもキリがないのよ!片付けた意味ないじゃん・・・(ノд・。)」
 
なんて、私はしょっちゅう思ってました。
 
「毎日同じことの繰り返しで、つまらない・・・。」

「なんでいっつも同じことでイライラして怒ってるんだろう」と思ってたり。
 
「なんでテーブル1つキレイにできないんだろう」と、片付けられない自分が情けなくて・・・イヤになったり。
 
そんな私が今では、
テーブルの上に何も乗ってない状態をキープできるようになりました~!

スッキリ片付いたリビングダイニング
 
リビングもスッキリ~
スッキリしたリビング
 
今では、突然お客さんが来ても「中にどうぞ~♪ゆっくりしていってください」とおもてなしできるように(*´∇`*)
 
 
それは、やましたひでこさんの断捨離塾に入って、断捨離を本格的にお勉強し始めてからです。
 
テーブル1つ、片付いていなかった汚部屋を、どうやってお客さんを招き入れることが出来るほどスッキリという状態にキープできているのか。
 
私がやっている断捨離の方法をご紹介します。
 

スポンサーリンク

 

断捨離の肝は「順番」が決め手だった!

断捨離を始めて一番の収穫は

片付けても片付けてもキリがなくて、すぐに散らかってしまう原因が分かったことです。
 
そのことが分かってから、リバウンドすることなく、スッキリした状態が保てるようになりました(*´∇`*)

 
人より片付けるのが下手なワケでも、整理整頓が苦手なワケでもなかったんです。
 
モノが散らかる原因、片付けれない原因は、ただ1つ。
 
単純に「モノの量が多い」から。たったそれだけのことだったんです。
 
モノが多すぎるから「管理できていない」だけ。
 
自分が管理できる量までに減らしちゃえば、片付けることなんて楽勝でした~!!(*´∇`*)
 
だから順番としては、「捨てる」ことが一番☆
 
収納したり、整理整頓するのは後回し。「捨てる」が先です。
 
そもそも、自分が管理できる量になるまで、モノを減らしちゃえば、モノが片付かない・・・
 
部屋がスッキリしない・・・なんて悩むことはなくなりました(*´∇`*)
 
収納法やお片づけの本と、にらめっこすることもありません。
 
収納ケースを買い足すどころか、捨てまくってます。
 
まず、捨てることから始めましょう☆

何から捨てる?後悔なくスムーズに捨てる順番

何から捨てるか?というと、

  • どうみてもゴミだな~
  • これは捨てても絶対困らないな~
  • お金を出してまで、これは欲しいと思わないな~

と言うものから、捨てていきます。
 
捨てたあと、絶対後悔しないような要らないものからでOK!
 
実は私、「そんなもの家にないよ・・・」って。
「あったとしても、ほんのちょっとだよ。」なんて思ってたんですけど
 
捨て始めたら自分でもびっくりしちゃうほど、後悔せずに捨てれるものがいっぱいありました。
 
こちらの記事にまとめたので、手始めにこういったモノから捨て始めてみてください。
 
⇒ 断捨離は何から捨てるの?と気になったあなたへ
 
上のページで紹介したことが難なくクリアできたら、次のステージに進みましょう☆
 
焦らなくても大丈夫。
できることだけやっていれば、今以上にモノが増えることはありません(*´∇`*)

汚部屋が驚くほどスッキリする「捨」の方法

では、次に汚部屋が驚くほどスッキリする「捨」の方法をご紹介します。

ポイント

ポイントは、一気に家全体、部屋全体のものを捨てようと思わないことです。
 
あくまでも、今の自分のレベルで出来ることからでOK!!
 
欲を出すと挫折しちゃいます(-_-)
 
始めるのは「冷蔵庫の冷凍庫だけ」とか、「野菜室だけ」とか「システムキッチンのコンロ下」とか
 
「財布」だけ、「コスメボックス1つ」、とか。
 
狭い範囲で5分10分もあれば、できちゃうような場所や物を1つ選んでください。
 
ここだけは、絶対キレイにしたい場所!!!と思うところ1つから、スタートしていくと良いですよ(*´∇`*)
 
絶対キレイにしたいと思った場所がキレイになったら、「ココもスッキリさせたいな~」「ココがスッキリしたら楽になるな~」と思うようになっていきます。
 
そうしたら、しめたものです~。断捨離が加速して家の中がどんどん住みやすくキレイになっています~☆
 
だから安心して取り組んでくださいね。
 

スポンサーリンク

リバウンドしない断捨離の「捨」の方法

場所や捨てるモノを決めましたか?
 
最初はちょっと慣れないので、面倒だと思うんですけど、大変なのは始めだけです~。
 
1回やっちゃえば「こんなもんかぁ」と、思っちゃうことなので、騙されたと思って1回やってみてください。
 
1回スッキリする感覚が分かったら、あっちもこっちもスッキリさせたくなります(*´∇`*)

全てを出す

面倒だと思っても「この引き出し1つをキレイにするんだ!」と思ったら、その引き出しの1つ全部をだしてください~。
 
で、中に何が入っているか?どれだけ入っているのか?
 
全部出して現状を把握しましょう。
 
きっと「あれ?コレはいつ入れたんだろう?」「あれ?これはナニ?」「なんでこんなに同じものが沢山あるの?」とワケの分からないものがゴロゴロと出てきます。
 
何が入っているか現状を知ることがとっても大切なので、面倒でも全部出してくださいね。
 
「あ~それすらも面倒!」って思ったら、もっと小さなところから始めましょう。
 
この引き出しの中の「このコーナーだけ!」とか。
 
冷蔵庫の「一番上だけ!」とか。
 
あなたが「ここだけならできるわ~。」「ここだけならやる気になる!」という場所を選びなおして挑戦してみてください(*´∇`*)

残すモノと捨てるモノを決める

次はいよいよ!「残すモノ」と「捨てるモノ」を決める作業に入っていきます~。
 
判断基準は、
「今、自分が使っているモノ」、「今、必要なモノ」は残します。

 
そうじゃないものは全部捨てる。これが基準です。
 
例えば、過去に使っていたモノでも、今使っていないなら、捨てる。
 
未来に使うかもしれないモノでも、今使っていないなら、捨てる。
 
「今、自分が使っているモノ」、「今、必要なモノ」だけを残す。
 
めちゃめちゃシンプルな基準です~(*´∇`*)
 
とは言っても、必要か不要かの判断に迷ったら、買いなおせるような安いものは捨てちゃいましょう~。
 
100均や日用品であれば「もったいないことしたな~」と思っても、手に入れようと思ったらスグ手に入るものですよね。
 
迷った時は、高価なモノ、手に入らないモノだけ残しておきましょう☆

COBS ONLINEが行ったインターネット調査によると「捨ててしまって後悔したものはありますか?」との質問に、16.4パーセントが「はい」、83.6パーセントが「いいえ」と答えています。

必要なものだけ収納する

今、使っているモノと今、使いたいモノだけに厳選したあとなら、モノの量がグーーンと減っているはずです(*´∇`*)
 
スッキリした~という達成感をまず味わってください~。
 
必要なものだけを選んだら、収納していきましょう。

繰り返す

スッキリした~という達成感を味わってしまうと、この達成感がクセになるんですよ。
 
だからまた「この達成感を味わいたい」と思って、次の場所もやりたいと思うようになるし

「この状態をキープしたい!」と思うようになっていきます。
 
スッキリした状態が当たり前
 
逆に、散らかっている状態が「気持ち悪い」と気持ちが変化するんです。
 
キレイな状態を維持するためには、それ以上モノを増やさないこと。
 
つまり断捨離の「断」をすること。
 
それから、繰り返し「これは今私が使っているモノかな?」「使いたいモノかな?」と、モノと向き合い、要らないモノを捨てていく。
 
断捨離の「捨」をすることで、スッキリした状態を保つことができます☆
 
同じ1つの場所で同じモノと2回、3回と向き合っていくと「取っておいたけどコレはいらなかったかも。捨てようかな・・・」

と思うものが必ず出てきます。
 
必ずです~。
 
日々「断」「捨」をしていけば、モノが減ることはあっても、増えることはなくなるので、ドンドンモノが減っていくはずです。
 
1度やって終わりではなく、繰り返すことがコツです(*´∇`*)

違う場所にチャレンジしてみる!

始めに決めた1ヶ所が、キープできるようになったら、2ヶ所目、3ヶ所目とドンドンやっていきましょう。
 
1ヶ所できたなら、2ヶ所目、3ヶ所目もキレイになるはずです☆
 
全てを出す

残すモノと捨てるモノを決める

必要なものだけ収納する

繰り返す
です。

まとめ

断捨離の肝は「捨」です。
モノを捨ててスッキリした!気持ちいい~!!と感じることができたら、家中キレイにスッキリさせたくなるはずです。
 
そのために、まず「ここなら楽勝にできる!」と思う場所を選んで、ひたすらモノと向き合うことから始めてください~☆
 
一点集中でOKです。
 
モノが減るとスッキリするという感覚的に分かって、スッキリした状態が当たり前の状態だ~~!!と、思っちゃうようになれば、家中キレイになりますよ(*´∇`*)
 

スポンサーリンク

 
関連記事とスポンサーリンク